キャッシュレス決済で使えるクレジットカードと基礎知識について紹介!

政府主導のもと、推し進められているキャッシュレス決済。キャッシュレス決済って結局何なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では今さら聞けないキャッシュレス決済の基礎知識解説します。またクレジットカードを利用することによりポイントの二重取りなどお得に利用できることも可能です。

そこで、キャッシュレス決済におすすめのクレジットカードについても解説します。

キャッシュレス決済とは?

文字通り、現金以外で支払うことです。
クレジットマネー、電子マネー、口座振替といった直接現金を使わないで決済する方法です。

クレジットカードでの決済や、交通系ICカードで電車に乗ること、口座引き落としの公共料金の支払いやあらゆる料金の振込等もキャッシュレス決済なので、キャッシュレス決済は今始まったばかりのサービスではありません。実は、古くから慣れ親しんでいるんですね。

キャッシュレス決済の支払い方法は3種類

キャッシュレス決済の支払い方法は、支払いのタイミングによって次の3種類に分けられます。

後払い(ポストペイ)
即時払い(リアルタイムペイ)
前払い(プリペイド)

それぞれ解説します。

後払い(ポストペイ)

例)クレジットカード

後払いは、クレジットカードを代表とし、キャッシュレス決済の中でもっともなじみのあるサービスです。後払いのサービスを利用すると、後日利用金額が請求されます。すぐに利用料金を支払う必要はなく、支払いが先延ばしにできるメリットもあります。

ただし、後払いは気が付くと使いすぎていたということも。浪費しがちの方は要注意です。クレジットカードを作るためには審査があるので、誰でも持てるわけではありません。最近では、クレジットカードやデビットカードをスマホアプリ内に登録し、スマホで利用できるサービスもあります。

即時払い(リアルタイムペイ)

例)デビットカード、ブランドプリペイド(VISA、JCBなど)

即時払いを利用すると、直後に銀行から自動で利用料金が引き落とされます。銀行口座にあるお金しか使えないのでえ、使いすぎを防止できます。

ただし、銀行口座にお金がない場合は使えないというデメリットもあります。最近では、スマホ決済でも銀行口座と紐づけることで即時払いに対応しているものもあります。

前払い(プリペイド)

例)電子マネー:Suica、PASMO、ICOCA、楽天Edy、WAON、nanacoなど
スマホ決済:LINEPay、楽天Pay、PayPayなど

事前に現金をチャージして使います。チャージしている金額しか使えないので、使いすぎを防げます。

チャージをするのが面倒な場合は、オートチャージを利用する方法もあります。オートチャージの場合は自動でチャージされるので、使いすぎてしまう可能性も。前払い式の電子マネーは、年齢制限がなく誰でも利用可能です。

支払い手段別!キャッシュレス決済の種類

次に、決済の手段によってもキャッシュレス決済を分類できます。支払いのタイミングとともに分類できます。

キャッシュレス決済の手段は主に2つ。
クレジットカードなどを利用するカード決済
スマホを利用するスマホ決済
カードを使う決済方法、スマホを使う決済方法は以下の表のようにまとめられます。

 

キャッシュレス決済の方法 種類
カードを使う
  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
スマートフォンを使う
  • NFC決済(非接触)
  • QR/バーコード決済

このような決済手段のサービスの中に、さまざまな支払い手段があります。

例えば、代表的な電子マネーのPayPayでは、
チャージして支払い
クレジットカードを連携して支払い
ができます。チャージすると前払い(プリペイド)、クレジットカードを連携すれば後払い(ポストペイ)です。クレジットカードを使いチャージする方法もあります。

電子マネーとは?電子マネーの基本を解説

電子マネーって何?という方のために電子マネーの基本について解説します。
電子マネーは電子化されたお金のことで、現金と同じように店頭やオンラインで使えます。

電子マネーの使い方は、

NFC決済(非接触型)
コード決済

の2種類です。

NFC決済はスマートフォンをかざすだけで決済できます。交通系ICカードのSuicaやPASUMO、Androidの「おサイフケータイ」、iOSの「Apple Pay」もかざすだけで決済できる電子マネーです。スマホだけでなく、カードをかざすだけで決済する方法もあります。

コード決済は、スマホで決済する方法です。端末に表示されたバーコードやQRコードを専用機器で読み込み決済します。店頭にあるコードをスマホで読み取る方法もあります。

電子マネーは、クレジットカードとは異なり、審査不要で利用できます。クレジットカードを持てない未成年や収入が安定していない方にとって、大変便利な決済方法です。

電子マネーを大きく分けると
交通系(Suica、ICOCAなど)
流通系(WAON、nanacoなど)
クレジットカード系(電子マネーとクレカを連携させて利用)
QRコード決済系(スマホとクレカや銀行口座などと連携、現金チャージも可能)
このように電子マネーはさまざまあります。さらに入金方法や支払いタイミングなども種類によって異なるので、自分のライフスタイルにあった電子マネーを選びましょう。

キャッシュレス決済に利用できる電子マネーやアプリの種類

キャッシュレス決済に利用できる電子マネーやアプリは、種類がかなり豊富です。利用者が多い電子マネーだけを上げても、下記のように多くの種類があります。

Suica
ICOCA
QUICKPay
iD
PayPay
楽天ペイ
d払い
LINEPay
メルペイ
auPAY

さらに利用する人が少ないキャッシュレス決済を含めると、もっと種類は増えます。こんなに種類が多いと、どれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

キャッシュレス決済を選ぶポイントは、自分の生活スタイルです。
キャッシュレス決済は、サービスによって使える場所やチャージできる銀行口座やクレジットカード、貯まるポイントの種類が異なります。

次の点をポイントにキャッシュレス決済を選ぶと失敗が少なくなるでしょう。
使っている銀行口座
使っているクレジットカード
よく行くお店
使っているサービス

※例)楽天ペイの場合
貯まるポイントは楽天ポイントです。
紐づけできるクレジットカードは、楽天カード、マスターカード、VISAカード、JCBカード、AMEXカードです。
しかし、プリペイド式の支払い方法で使う場合、電子マネーにチャージする方法は、楽天カード、楽天銀行、ラクマの売上金のみです。
楽天ペイは楽天ポイントで支払いも可。楽天市場の買い物ではポイントも貯めやすくなるため、楽天ペイは、楽天カードを持っている方、楽天銀行の口座を持っている方など楽天サービスをよく利用する方にはおすすめの電子マネーということになります。

キャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済を使うのであれば、メリットを知っておきたいですね。
キャッシュレス決済のメリットは次の4点です。
現金を持ち歩かなくてよい
アプリ型のキャッシュレス決済サービスは審査不要ですぐに使える
支払いがスピーディー
支払い履歴で支払い管理ができる
ポイントが還元される
それぞれ解説します。

現金を持ち歩かなくてよい

キャッシュレス決済を利用すれば、現金を持ち歩く必要はありません。スマホやカードがあれば決済できるので、現金を持っていなくても問題なし。大きな買い物をする場合でも大金を持ち歩く心配がないので安全ですね。

アプリ型のキャッシュレス決済サービスは審査不要ですぐに使える

キャッシュレス決済を利用するためには、審査や書類での手続きが多い場合がほとんどでしたが、アプリ型のキャッシュレス決済の場合はその手間がありません。

アプリをダウンロードして、銀行口座やクレジットカードと連携すればすぐに利用できます。審査も不要なので、誰でも利用しやすいのもメリットです。

支払いがスピーディー

キャッシュレス決済を利用すれば、スマホやカードだけで決済できるので支払いがスピーディーです。お金の受け取りの必要もないので衛生的です。

株式会社ジェーシービーの調査によると非接触型の決済は、現金での支払いに比べ16秒も差があるということです。

 

決済方法 決済時間
非接触型 8秒
クレジットカード 12秒
QRコード 17秒
現金 28秒

 

参照:株式会社ジェーシービー決済速度に関する実証実験結果(https://www.global.jcb/ja/press/2019/201908280001_others.html)
現金の場合は、小銭を探しているともっと時間がかかりそうですね。

支払い履歴で支払い管理ができる

キャッシュレス決済を利用すると、支払い履歴が確認できます。現金払いの場合はレシートを保存しておき、家計簿などに記入しないと何にいくらお金を使ったのかはわからなくなりますよね。

しかし、キャッシュレス決済の場合は使途不明金はあり得ません。クレジットカードや銀行口座を紐づけて管理できる家計簿アプリもあるので主婦の方にも人気です。

ポイントが還元される

現金の支払いではポイントが還元されることはありませんが、キャッシュレス決済ではほとんどの場合、ポイントが還元されます。サービスにより、貯まるポイントはそれぞれですが、キャンペーンが開催されることも多いので、現金よりもお得に利用できます。

キャッシュレス決済のデメリット

メリットが多いように見えるキャッシュレス決済には、デメリットもあります。
ここでは、キャッシュレス決済のデメリットを解説します。
(スマホ決済の場合)スマホがないと使えない
お金を使いすぎる
加盟店でしか使えない
それぞれ解説します。

(スマホ決済の場合)スマホがないと使えない

スマホの充電がなくなると、スマホ決済は使えません。端末の故障など、スマホが使えない状況では、スマホ決済の利用はできません。通信環境が悪い山奥などで、スマホ決済ができないトラブルも発生しています。

また災害時など、停電や機器の故障でキャッシュレス決済が利用できなくなることも。少しだけでも現金を持つ、サブのクレジットカードを持つ等メインの決済方法が使えない場合の対処法も準備しておきましょう。

お金を使いすぎる

クレジットカードのような後払い式のキャッシュレス決済の場合、手元に現金がなくても支払いができるため、お金を使っている感覚が薄れてしまい、必要以上にお金と使ってしまう可能性があります。

加盟店でしか使えない

キャッシュレス決済を利用する場合は、キャッシュレス決済に対応している店舗かを確認する必要があります。店舗によっては、クレジットカードの利用はできるが電子マネーは不可など対応は異なります。

電子マネーの種類にも違いがあるので、事前に確認しましょう。そもそもキャッシュレス決済に対応していない店舗もあるので、現金は持っておくほうが安心でしょう。

不正利用の可能性がある

キャッシュレス決済では、スマートフォンやクレジットカードの盗難や紛失により不正利用される可能性があります。現金の盗難に合うよりも被害額が大きくなる可能性があるので注意しましょう。パスワードを強固にする、スマホの生体認証を利用するなど自分でセキュリティ対策を怠らなければ、被害にあうリスクを減らせます。

またクレジットカードのスキミングや偽サイトに誘導するフィッシング詐欺などの詐欺被害の可能性も。詐欺の手口を知り詐欺に合わないようにしましょう。

キャッシュレス決済を利用するならクレジットカードがおすすめ!

キャッシュレス決済を利用するのであれば、まずはクレジットカードを作ることをおすすめします。クレジットカードは直接支払いに利用するだけでなく、スマートフォン決済やコード払いにクレジットカードを紐づけも可能。クレジットカードを他の決済手段と組み合わせると、ポイントの二重取りも可能です。

さらに、クレジットカードをスマートフォンに紐づけすることで、クレジットカードを持ち歩くことなく決済が可能になります。

クレジットカードを作っておくと、キャッシュレス決済を手間なく利用できるのです。

クレジットカードを作るメリットまとめ

クレジットカードで決済できる
クレジットカードで電子マネーにチャージできる
クレジットカードはポイントの二重取りができる

おすすめのクレジットカード5選

キャッシュレス決済を利用するなら、まず持っておきたいクレジットカード。
ここでは、キャッシュレス決済におすすめのクレジットカードを5つ紹介します。

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードナンバーレスは、満18歳以上の方が申し込めるカードです。最短5分で発行できるので、カードが到着する前に利用をはじめられます。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでは還元率が2.5%(デビュープラスは3%)です。セブンイレブン、ローソン、マクドナルド店頭でVISAのタッチ決済、Mastercardコンタクトレスを利用すると、さらに+2.5%還元で、合計5%還元となり非常にお得です。

三井住友カードナンバーレスの基本情報

申込条件 満18歳以上の方(高校生除く)※未成年は親権者の同意が必要
国際ブランド VISA/Mastercard
年会費 無料
追加カード 家族カード、ETCカード、WAON、PiTaPa、iD専用カード
付帯保険 海外旅行保険(最高2,000万円)
ポイント還元率 基本0.5%(マクドナルド、セブイレブンではコンタクトレス決済で常時5%)
発行日数 最短5分
ApplePay 対応
GooglePay 対応
PayPay 対応
楽天ペイ 対応
d払い 対応
LINEPay 非対応
メルペイ 非対応
auPAY 対応
Suica モバイルSuica対応
ICOCA SMARTICOCA対応
nanaco 非対応
WAON 対応

 

いつもの利用でポイント+2%対象電子マネー:iD、ApplePay、GooglePay、Visaのタッチ決済

楽天カード

楽天カードはキャンペーンも豊富でポイントの貯まりやすさからも人気のクレジットカードです。

年会費は永年無料で、基本ポイント還元率は1%ですが、楽天市場では3%に。楽天会員のステージなどの特典によって、ポイント還元率も上がるのでどんどんポイントが貯まるクレジットカードです。楽天のサービスをよく利用する方にはメリットの大きいカードですね。

申込条件 満18歳以上の楽天会員の方(高校生除く)※未成年の方は親権者の同意が必要
国際ブランド Mastercard、VISA、JCB、AmericanExpress
年会費 無料
追加カード 家族カード、ETCカード
付帯保険 海外旅行保険(最高2,000万円)
ポイント還元率 基本1%(楽天市場では最低3%)
発行日数 約1週間
ApplePay 対応(QUICKPay)
GooglePay 対応(QUICKPay)
PayPay 対応(VISA、Mastercardブランドのみ)
楽天ペイ 対応
d払い 対応
LINEPay 対応(一部サービスのみ)
メルペイ 非対応
auPAY 対応
Suica 対応
ICOCA 対応
nanaco 非対応
WAON 非対応

 

JCBcardW

JCBcardWは、年会費永年無料のクレジットカードです。
基本のポイント還元率は1%とJCB一般カードよりも高く設定されています。スタバックスカードへのチャージは還元率5.5%、セブンイレブン、Amazonなどでの利用では還元率が2%に。

スターバックスの還元率がとても高いので、スターバックスをよく利用する方にはかなりお得なカードです。

申込条件
  • 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
国際ブランド JCB
年会費 無料
追加カード 家族カード、ETCカード、QUICKPay
付帯保険
  • 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)(海外最高2,000万円)
  • ショッピングガード保険(海外最高100万円)
ポイント還元率 基本0.2%
発行日数 申し込みから1週間
ApplePay 対応(QUICKPay)
GooglePay 対応(QUICKPay)
PayPay 対応
楽天ペイ 対応
d払い 対応
LINEPay 対応(一部サービスのみ)
メルペイ 非対応
auPAY 対応
Suica 対応
ICOCA 対応
nanaco 対応
WAON 非対応

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード・digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、スマホアプリで使用するナンバーレスのクレジットカードです。

審査完了後最短5分で、アプリ上にデジタルクレジットカードを発行。約1週間で届くカードはナンバーレスカードなので、カード番号を盗み見される心配もありません。
QUICKPayの支払いでいつでも3%のポイント還元は、かなりの還元率の高さです。

申込条件 18歳以上のご連絡可能な方(高校生を除く)
国際ブランド AmericanExpress
年会費 1,100円(税込)

※初年度無料、次年度は年に1回使用で無料

追加カード ETCカード、iD、QUICKPay
付帯保険 なし
ポイント還元率 基本0.5%(QUICKPay払いで3%)
発行日数 最短5分
ApplePay 対応(QUICKPay)
GooglePay 対応(QUICKPay)
PayPay 非対応
楽天ペイ 対応
d払い 対応
LINEPay 対応(一部サービスのみ)
メルペイ 非対応
auPAY 対応
Suica 対応
ICOCA 対応
nanaco 非対応
WAON 非対応

 

Visa LINE Payクレジットカード

VisaLINEPayクレジットカードは、初年度の年会費が無料で使えるクレジットカードです。
1年に1回でも利用があれば、翌年の年会費も無料です。

なんといっても、2021年4月30日までにLINEPayアカウントにクレジットかーどを登録し利用すると、ポイント還元率が3%とかなりの高還元率です。2021年5月~は未定ということですが、3%の還元率はなかなかないので、2021年4月30日までに利用するのであればかなりお得です。

さらにLINEPayにチャージできる唯一のカードです。LINEのポイントプログラム、LINEポイントクラブでは半年ごとのポイント獲得数によって還元率が3%になる特典もあります。

申込条件 満18歳以上の方(高校生を除く)
国際ブランド VISA
年会費 1,375円(税込)

※初年度無料、次年度は年に1回使用で無料

追加カード 家族カード、ETCカード
付帯保険 なし
ポイント還元率 基本1%(2021年4月30日まで3%)
発行日数 最短5営業日
ApplePay 対応(iD)
GooglePay 対応(iD)
PayPay 対応
楽天ペイ 対応
d払い 対応
LINEPay 対応
メルペイ 非対応
auPAY 対応
Suica 対応
ICOCA 対応
nanaco 対応
WAON 非対応

 

まとめ

キャッシュレス決済は、現金を使わないで支払いができる大変便利なサービスです。カードやスマホを使い、決済ができるので支払いもとてもスマート。現金を持ち歩く手間がありません。種類が多いので、自分のライフスタイルにあったキャッシュレス決済を選ぶことがポイントです。そして、キャッシュレス決済をお得に活用するためには、まずクレジットカードを発行するのがおすすめ。サービスによってはポイントの二重取りも可能なので、より一層お得にキャッシュレス決済を利用できます。

関連記事

JCB法人カードの種類と特徴は?個人カードと法人カードの違いについても解説

JCBオリジナルシリーズを解説!おすすめのクレジットカードの特徴・審査・メリットについて

JCB カード W(JCB CARD W)の審査は大変?審査に落ちた方の特徴や審査基準を解説!

エムアイカードのポイントについて、仕組みとお得に使う方法を詳しく紹介。

三井ショッピングパークカードの作り方|即日発行の手順【ららぽーと系列】

ACマスターカードを即日発行する手順とメリット・デメリットを解説!作るべき人はどんな人?

三井住友カードはナンバーレスがおすすめ|賢く活用する豆知識【完全版】

JCBゴールドカードの審査は厳しい?年会費・特典・メリットデメリットを解説!

このページの先頭へ