キャッシュレスのクレジットカードとは?

キャッシュレス決済に使いたいクレジットカードと基礎知識を徹底解説

現金を持ち歩かなくても会計を済ませられるキャッシュレス決済は、今や一般的な支払い手段となりました。

しかしキャッシュレスとは何かと聞かれたら、正確に答えられる人は少ないかもしれません。

この記事では今さら聞けない「キャッシュレスとは?」という疑問から、キャッシュレスにおすすめのクレジットカードまで幅広く解説していきます。

そもそもキャッシュレスとは?クレジットカードもキャッシュレス決済に入る?

キャッシュレスアプリとクレジットカードの写真

キャッシュレスとは現金を使わずに支払いを行う決済方法のこと。

キャッシュレスの種類はクレジットカード・デビットカード・スマホアプリ・電子マネー(プリペイド)などがあり、カード決済とスマホ決済の2つに分類できます。

キャッシュレスの種類
カード決済 クレジットカード
デビットカード
電子マネー(プリペイド)
スマホ決済 スマホアプリ

近年ではスマホ決済が勢いを増していますが、以前から使われていたクレジットカードなどのカード決済もれっきとしたキャッシュレスの一種です。

キャッシュレス決済とクレジットカードの違い

キャッシュレス決済と聞くとPayPayや楽天ペイなどのスマホアプリ決済を思い浮かべる人も多いかもしれません。

2019年10月1日から始まったキャッシュレス・ポイント還元事業の印象が強く、スマホアプリ決済に注目が集まったため、「クレジットカードはキャッシュレス決済ではない」と勘違いしがち。

以前からクレジットカードで支払いをしていた人は、すでにキャッシュレス決済を活用していたことになります。

代表的なカード決済型のキャッシュレス

カード決済型のキャッシュレスで代表的なのがクレジットカードとデビットカードです。

クレジットカードの普及率は80%以上、デビットカードは銀行キャッシュカードにデビットカード機能がついているため普及率はほぼ100%。どちらも代表的なカード決済型のキャッシュレスといえます。

クレジットカード

現金を使わない支払い方法として最も普及しているのがクレジットカードです。

クレジットカードは使った後から金額が請求される「後払い」タイプの決済。商品を買ったりサービスを提供された瞬間にはお金は引き落とされません。

毎月1回決められた日にまとめて支払う一括払いや分割払い、リボ払いもできます。商品やサービスの代金を一時的にクレジットカード会社が立て替え、後から消費者がカード会社に支払う仕組みです。

銀行口座の残高があまりなくても、買い物ができるのはクレジットカードの特徴の1つといえます。

クレジットカード会社は独自のポイント制度を採用しており、クレジットカードを使うと支払額の0.5〜1%のポイント還元。

例えば還元率0.5%なら200円の支払いにつき1ポイントもらえ、還元率1%なら100円につき1ポイントもらえます。

優待店でクレジットカードを使うとポイント倍率がアップしたり、割引などの特典を受けられることも。

クレジットカードは使うほどにお得感や楽しみが増えるキャッシュレス決済です。

デビットカード

デビットカードもクレジットカードと同様に銀行口座から代金が引き落とされる決済方法です。

クレジットカード以上に普及率は高いのですが、実際に決済時に利用されるケースはあまり多くありません。

クレジットカードとの違いは2つあり、1つ目の違いは商品・サービスの代金が決済されるとすぐに銀行口座からお金が引き落とされる点。

口座残高以上のお金が引き落とされることがないため、お金の使い過ぎを防げるのが大きなメリットです。

2つ目の違いは、発行対象が原則15歳以上(中学生を除く)であること。クレジットカードの対象は原則18歳以上で安定した収入がある人なので、デビットカードの方が初心者でも安心です。

支払い方法は一括のみですが、使い方はクレジットカードと同じ。コンビニやスーパー・ネットショッピングでも利用できます。

クレジットカード払いが使えるキャッシュレス決済は?

スマホアプリでのキャッシュレス決済にクレジットカードを登録けると、クレジット払いも使えるようになります。

クレジット払いは暗証番号やサインを求められることがあり、面倒だと思っている人もいるのではないでしょうか。

スマホアプリにクレジットカードを登録しておくと暗証番号やサインの必要がなく、スマホアプリ決済と同じように支払いができます。

PayPay

PayPayの公式サイトのキャプチャ
PayPayは残高をチャージして使うスマホ決済ですが、クレジットカード払いにも対応しています。

PayPayでクレジットカード払いができるのはヤフーカード・MasterCard・VISAです。3種類のクレジットカードのうち、残高チャージができるのはYahoo!カードのみ。

スマホ決済すると利用額の0.5〜1.5%分のポイントが還元されますが、クレジットカード払いを選択するとポイントがもらえません。

Line Pay

LINE Payの公式サイトのキャプチャ
Line Payに登録できるクレジットカードは以下の6種類です。

  • Visa LINE Payクレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
  • ダイナーズクラブ

Visa LINE Payクレジットカード以外はLINE関係サービス(LINEモバイル・LINEストアなど)の支払いにしかクレジットカード払いできません。

実店舗で支払いができるのはVia LINE Payクレジットカードのみ。Visa LINE Payクレジットカードであれば支払いだけでなくLine Payへのチャージも可能です。

楽天Pay

楽天Payの公式サイトのキャプチャ
楽天Payでクレジットカード払いできるのは以下の5種類です。

  • 楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス

楽天カードでクレジット払いした場合のポイント還元率は1%。その他のクレジットカードで支払うと楽天ポイントは付与されず、各カード会社からのポイントだけです。

楽天Payは楽天ユーザーにお得な決済方法なので、クレジットカード払いの際も楽天カードが優位といえます。

auPay

auPayの公式サイトのキャプチャ
auPayでは残念ながらクレジットカード払いできません

MasterCard/アメリカン・エキスプレス/VISA (一部対象外)/JCB (一部対象外)の4種類のクレジットカードは登録できますが、チャージにのみ利用可能。

クレジットカードからチャージしてポイントの二重取りを狙うのが、auPay最も賢い利用方法です。

クレジットカードがなくてもキャッシュレス決済はできる?

クレジットカードの写真

クレジットカードを作るにはカード会社の審査が必要なため、クレジットカードを持っていない人や、必要ないから作っていないという人もいるでしょう。

結論から言うとクレジットカードがなくてもキャッシュレス決済はできます。

スマホ1台あればキャッシュレス決済可能なので、コンビニや飲食店などでポイント還元を狙いましょう。

キャッシュレス決済にクレジットカードを利用するメリット

スマホ決済アプリにクレジットカードを登録すればクレジット払いができます。しかしこの方法ではスマホ決済ならではのポイント還元が受けられません。

クレジットカードを利用したキャッシュレス決済で1番効率よくポイントを貯められる方法は、クレジットカードでチャージしてからのスマホ決済です。

それぞれのスマホ決済アプリで指定しているクレジットカードからチャージすると、ポイントの二重取りが可能。

例えば楽天カードから楽天Payにチャージした場合、楽天Pay利用1% +楽天カードからチャージ分0.5% = 1.5%還元されます。

スマホ決済アプリ+クレジットカードからのチャージが、キャッシュレス決済でメリットを受けられるおすすめの方法です。

クレジットカードなしでキャッシュレス決済を利用するには?

クレジットカードなしでキャッシュレス決済をする場合、基本的には銀行口座やコンビニATMからスマホアプリにチャージすればOK。

スマホアプリによっては指定の銀行口座以外からのチャージはできない場合があるので要注意です。例えばauPayにチャージできる銀行口座はauじぶん銀行だけ。

クレジットカードなしでキャッシュレス決済を利用する際には、どの銀行口座が設定できるのか事前に確認する必要があります。

その他にも、貯まったポイントを支払いで使えるのがキャッシュレス決済の魅力です。

キャッシュレスとして利用したいクレジットカード3選!

クレジットカードはスマホ決済のチャージとして使ってもポイントが貯まりますし、そのまま支払いに使ってもポイントが還元されます。

クレジットカード会社には優待店が設定されており、その店舗でクレジット払いするとポイントが2倍以上にアップ

使いやすさとポイントの貯めやすさでキャッシュレスを選ぶなら、クレジットカードがベストです。

迷ったら絶対にJCBカードW!キャッシュレスでポイントが貯まりやすい

1回の利用金額ごとにポイント換算されるクレジットカードが多い中、JCBカードWは月間の利用金額を合計してポイント換算してくれるのが魅力的。

1000円未満の端数は切り捨てられますが、ポイントが貯めやすいシステムといえます。

例えば1ヵ月1500円の支払いを2回したとします。支払い1回ごとにポイント換算すると、1500円→ 2ポイント/1500円→ 2ポイントで合計4ポイントです。

他社のクレジットカードでは4ポイントしかもらえません。

JCBカードWは月間の合計利用金額に対してポイント還元されるため、3000円→6ポイント。同じ利用金額なのに2ポイントの差がつくのです。

このことからもJCBカードWはポイントを貯めやすいクレジットカードだということが分かるでしょう。

年会費無料でクレジットカードを持てる

JCBカードWの年会費は永年無料です。有料のクレジットカードなら高還元率のものが多くありますが、JCBカードWのように年会費無料で通常ポイント還元率1%のクレジットカードは限られます。

年会費が有料だと毎年の負担になるため、コストパフォーマンスが低いのがデメリット。その点、JCBカードWは誰が持っても損がない一枚です。

ポイントがいつでも2倍

JCBカードWは常にポイントが2倍の高還元率クレジットカードとして有名です。

通常のJCBカードは1000円につき1ポイントですが、JCBカードWは1000円につき2ポイント還元されます。

ポイント交換先によって価値が変わりますが、1ポイントが5円くらいなので、JCBカードWは還元率1%ほど。

新規入会後3ヵ月間はポイント4倍になるキャンペーンを行っており、1000円につき4ポイントもらえます。

優良店でポイント還元率がアップする

JCBと提携している店舗でJCBカードWを使うとポイントが2〜10倍になります。下記はほんの一例ですが、普段利用する店でポイントがアップするのは嬉しいですよね。

ドミノ・ピザ… 2倍
セブン-イレブン… 3倍
スターバックスコーヒー… 10倍

JCBカードWは1000円で2ポイントなので、ドミノ・ピザの支払いをカードですれば1000円で4ポイント。スターバックスコーヒーの支払いをカードですれば1000円で20ポイント還元されます。

1ポイントは3〜5円に相当し、仮に1ポイント5円で計算した場合、20ポイントもらえるスターバックスコーヒーでは1000円で100円相当のポイント還元です。

1%でも高還元と言われるクレジットカード。JCBカードWなら10%還元も夢ではありません

どこでもポイント還元率1%!タッチ決済にも対応している楽天カード

どこのお店で利用してもポイント還元1%の楽天カード。タッチ決済で支払いをしても100円につき1ポイントが貯まります。

タッチ決済(非接触型決済)機能付の楽天カードは、2020年4月1日以降に発行がスタート。それ以前に発行した楽天カードにはタッチ決済機能が付いていません。

タッチ決済機能が付いているかどうかわからない場合は、カードの表面または裏面にタッチ決済マークが記載されているか確認してみましょう。

※アメリカン・エキスプレスとJCBの場合、タッチ決済機能は搭載されていません。

楽天カード2020年4月1日より前に発行したけれど、タッチ決済機能をつけたいという人も中にはいると思います。その場合はカードの作り直しが可能。手数料無料で作り直しできます。

ただしカードの作り直しに伴い、一部再手続きが必要なサービスがあるので、楽天カードの公式サイトから確認してください。

楽天カードは街中でのポイントが貯まりやすい!

街中での買い物の支払いに楽天カードを利用すると100円で1ポイントつきますが、店舗によっては楽天カードを提示するだけで100円につき1ポイントが貯まるのをご存じでしょうか?

他社のクレジットカードや現金で支払いをしても、楽天カードの提示をすればポイントが貯まるのです。

楽天カードの優待店は街中に数多く存在します。優待店で楽天カード払いするとポイント2倍以上。例えばローソンで楽天カードを利用すると2倍ポイントがつきます。

楽天カードは頻繁にキャンペーンを実施しており、キャンペーンにエントリーすればポイントが3倍〜5倍貯まる店舗も。

楽天カード会員専用ページ(楽天e-NAVI)に優待店が記載されているので、楽天カードユーザーは常にチェックしておくことをおすすめします。

タッチ決済に対応していて現金がなくてもスピード決済可能

タッチ決済する際は、店頭の専用端末に楽天カードをかざすだけで支払いが完了します。暗証番号の入力やサインを求められることはなく、一瞬で決済されるのが特徴です。

暗証番号やサインが不要だとセキュリティ面で不安に思うかもしれませんが、タッチ決済は安全に利用できます。

その理由は店員にカードを渡さずに決済されるので、カードが紛失したり偽装されないため。

たまにニュースになりますが、お客さんのクレジットカードを店員が不正利用したり、クレジットカードの番号などの情報を盗み見たりする事件があります。

万が一そのような事件に巻き込まれないためにもタッチ決済が役立つのです。

タッチ決済できる店舗かどうか見分けるには、MasterCardやVISAのマークが付いているかチェックします。

マークが付いていればタッチ決済可能。会計時に「MasterCard(VISA)のタッチ決済でお願いします」と伝えれば大丈夫。店頭の専用端末に楽天カードをタッチして決済完了です。

楽天Payとの併用でさらにお得に利用可能

楽天Payに楽天カードを登録すると、楽天ポイントがお得に貯められます。

楽天カードから楽天Payにチャージした場合200円ごとに1ポイント還元され、楽天Payで100円支払いするごとに1ポイントが加算。

楽天Payと楽天カードを併用すれば1.5%の還元を受けられるのです。

楽天カードでクレジット払いすると1%のポイント還元ですが、楽天Payとの合わせ技で1.5倍にアップ。貯まった楽天ポイントは楽天Payでの支払いにも利用できます。

有効期限の短い期間限定ポイントから優先的に使えるので、有効期限切れでポイントが無効になるという悔しい思いをしなくて済むのもメリットです。

王道カードである三井住友カード

三井住友カードはキャッシュレス決済機能が充実したクレジットカードです。年会費はインターネット入会で初年度無料(2年目以降は税込1375円)でIDやタッチ決済、スマホ決済にも対応しています。

あらゆる電子マネー決済が使えるので、店舗によって支払い方法が違う場合でもスマートに支払いができるのが利点です。

コンビニ・マクドナルドでいつでもポイント5倍

通常のポイント還元率は0.5%ですが、コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)やマクドナルドで使うとポイントが5倍です。

この特典は利用金額200円につき2%加算されるサービス。通常ポイント0.5%+特典ポイント2%=2.5%還元となり、例えば利用料金が600円だった場合、600×2.5% =15ポイントがもらえます。

決済方法は三井住友カードでのクレジット払い以外にも電子マネー(ID・Apple Pay・Google Pay・Visaのタッチ決済)が+ 2%の対象です。

電子マネーを使う場合は、三井住友カードを忘れずに設定しておきましょう。

Vpassアプリで簡単に管理できる

三井住友カード会員用ページVpass(ブイパス)はカード情報の紹介・各種申し込みの受付などが無料でできるサービス。Vpassがスマホアプリで便利に使えるようになったのがVpassアプリです。

Vpassアプリは生体認証に対応しており、IDやパスワードの入力が不要。指紋、顔認証、4桁の数字(パスコードを設定すれば、簡単、安全に使用できます。

IDやパスワードを忘れてログインできないなんて問題とはおさらば。外出先でパッとアプリを開いて操作することが可能です。

カードの利用金額に応じてスタンプが貯まり、特典がもらえるサービスもVpassアプリならでは。

三井住友銀行口座を登録すると下記の確認が簡単にできて便利です。

  • カードの利用金額
  • 口座残高
  • 入出金明細
  • デビットカード利用金額
  • 家計管理(当月の収支内訳・グラフ)
  • 口座残高不足アラート
  • 引落日前のアラート

参考:Vpassアプリが大幅バージョンアップ!役立つ7つの新機能を解説

三井住友銀行以外の金融機関もあわせて登録しておくと、資産状況をトータルで確認できます。家計管理は自動入力・計算。手間がかからず月ごとの収支を一目でチェックできます。

三井住友銀行口座を持っていない人でも、資産管理サービス「Moneytree」アカウントと連携すると同様のサービスを受けられるのでおすすめです。

Moneytreeアカウントとの連携方法はとても簡単。Vpassアプリの(家計管理」ページから新規登録を選択、メールアドレスとパスワードを入力し、連携を許可すれば完了です。

三井住友カードユーザーならVpassアプリは必須ですよ。

キャッシュレスでもセキュリティ面で安心できる

三井住友カードはセキュリティ面も安心して利用できるクレジットカード。その理由は3つあります。

  • 業界最高水準の不正利用検知システム
  • 不審カード利用チェック(24時間365日)
  • 24時間年中無休でオペレーター対応

万が一クレジットカードを不正利用された可能性がある場合、検知システムにより事前・早期に発見できる体制を整えています。このシステムが作動すると取引が保留になることも。

本人確認のために電話、セキュリティコードの確認や入力、カード利用内容などの確認をして安全かどうか判断します。

カードが紛失して一時的に利用停止したい場合は「安心利用制限サービス」を利用するのもアリです。

サービスに申し込んだ後でカード利用が発生するとVpassアプリかメールアドレスに通知が届き、不正利用の被害を最小限に食い止められます。

関連記事

セゾンブルーアメックスカードを即日発行

即日発行可能なセゾンブルーアメックスは早いうちに作っておくのが吉!特徴や発行方法を解説

JCBカードWの特徴と評判は?

JCB CARD W(JCBカードW)の評判と特徴やメリット・デメリットを解説

Suica付きのクレジットカード

Suica付きクレジットカードが便利!定期に使えるおすすめカードを紹介

ETCカードの即日発行

ETCカード即日発行を申し込みから発行までの詳しい流れを手順で解説

コストコのクレジットカードは即日発行できる?

コストコのクレジットカードは即日発行できる?その日に使えるカードも紹介

顔写真付きのクレジットカードで即日発行できるものはある?

顔写真付きのクレジットカードで即日発行できるものはある?

還元率の高いクレジットカードは?

還元率の高いクレジットカード9枚を厳選紹介!選び方のコツとお得に買い物するための注意点

イオンカードのETCカードは即日発行できる

イオンカードのETCカードは即日発行できる?発行手順と特徴などを解説

このページの先頭へ