クレジットカード即日発行の店頭受け取りについて解説

急いでクレジットカードを手に入れたい方で、カードを即日発行したいと思っている方も多いかもしれません。通常の申し込みではクレジットカードの即日発行・即日受領は不可能です。しかし、手続き次第で実は当日カードを受け取ることが可能になります。

この記事ではこれらのことについてまとめていきます。

この記事でわかること!

・即日発行できるクレジットカードの内容を比較して自分に合っているか検討する。
・カード会社の審査は即日発行希望でも審査基準は変わらない。
・18歳以上が入会の条件となるなど、カードごとの条件をちゃんとチェックする。
・データでカード情報を入手できるデジタルカードが出てきている。

これからすぐにクレジットカードを入手したい方にぜひ参考にしてもらいたいと思います。

クレジットカードとは?

まず、クレジットカードとはどんなツールか簡単に解説をします。クレジットカードは、各種商品代金やサービス代金の支払いを後払いで行なえるツールです。利用者が支払い時にカードを使用すると、店舗側はカード会社から代金を受領します。そして利用者は、のちに一括で代金をカード会社に支払いする仕組みになっています。

クレジットカードを利用するメリットは、キャッシュレスで代金決済ができることと、利用額に応じたポイントが付与されることです。ポイントは、ギフトカードなど商品に交換したり、ポイントサービスへのポイント移行に使用したりと、お得に活用できます。

クレジットカードの一般的な取得方法

クレジットカードの入手方法は、一般的にはどのような形式になっているのでしょうか。基本的に、クレジットカードは即日発行・即日受け取りには対応しておらず、数日の時間を要するケースがほとんどです。
クレジットカードを即日発行して受け取りたい場合は、即日発行に対応しているカードを選択する必要があります。

まずは、クレジットカードの一般的な取得の手続き方法を紹介します。

申し込みの後日に郵送される

クレジットカードは、通常の手続きでは、申し込み手続きを終えた後に、自宅に郵送されるケースが一般的です。以下に基本的な流れを紹介します。

・必要事項(氏名・住所など)の提出
・本人確認書類の提出
・利用代金引き落とし口座の設定
・カード会社の審査
・郵送によりカードを受領

このように、一般的な手続きでは申し込みから審査、郵送によるカード受け取りまでに数日の時間がかかります。急いでクレジットカードを入手したい方は、一般的なカード会社で手続きをせず、別のカード会社を探して利用する必要があるので注意しましょう。

クレジットカードを即日発行する方法

クレジットカードを即日発行・即日受け取りを実現する方法を紹介します。即日発行を実現するためのポイントは以下になります。

・即日発行・即日受け取りに対応してくれるカード会社を選定する
・自身で店頭に受け取りに行くように手続きを指定する
・インターネットでの申し込みがおすすめ

近年は申し込み方法が店頭などでの対応から、インターネットを経由した申し込みが主流になってきています。非常にスピーディーで入力も簡単なので、カード発行会社も手続き者にも双方にメリットのある方法として普及しています。

即日発行・店頭受取できる業者を選定

クレジットカードを即日発行したい際には、まずは即日発行・店頭受け取りに対応しているカード会社を探して選定する必要があります。現在、即日発行に対応しているカード会社はそれほど多くないので、選択肢は多くありません。

クレジットカードは、カード会社によって様々なサービスが提供されています。ポイントの付与率が高い業者、提携先のサービスをお得に受けられるカードを発行する業者など、サービス内容が非常に多岐にわたっています。

クレジットカードのサービス内容を重視したい場合は、即日発行・店頭受け取りではなく通常の形式で申し込みをすることを検討しましょう。

クレジットカードを即日発行する際の流れ

クレジットカードを即日発行する際の流れを紹介します。カード会社によって細かな手続きは異なりますが、基本的な流れは同じです。

・(主にインターネットで)申し込み申請
・本人確認書類の準備、提出(主にインターネット経由で)
・カード会社の審査を受ける
・店頭に足を運び、カードを受け取る

カード会社ごとに申し込み申請画面の入力内容が異なったり、必要書類の内容が異なることがあるので、利用するカード会社の指示に従って準備及び手続きをしていきましょう。

申し込み

即日発行のクレジットカードの申し込みには、インターネット経由での申請がおすすめです。各種店舗での手続きももちろん可能ですが、審査に時間がかかるなど効率が良くありません。現在は多くのカード会社がインターネットでのクレジットカード申請を受け付けてくれているので、ぜひ積極的に活用してみてください。

クレジットカード発行申請にかかる入力必要事項は、申請者本人に関する基本的な事項です。氏名や住所、電話番号、勤務先などは必須項目で、他にはカード会社によって入力するべき内容は異なります。実際に入力処理を行う前に、Q&Aコーナーなどを参考にして、どんな事項を入力しないといけないのかを把握しておくと安心です。クレジットカードを利用した代金を引き落としする銀行口座番号を求められるケースも多いので、あらかじめ準備をしておきましょう。

クレジットカードの店頭受け取りを希望する際には、申し込み内容入力時に忘れずに指示をしておきましょう。これを忘れると、通常の郵送によるカード受け取りになってしまうので、重要な事項です。

本人確認

クレジットカード申請の際には、入力事項の入力を終えた後に、本人確認書類を提出する必要があります。本人確認用書類として認められるのは、以下の書類です。

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・在留カード、特別永住者証明書

以上のように、顔写真付きで住所・氏名・生年月日の記載がある書類が必要になります。クレジットカード申請の際にあらかじめ準備しておきましょう。

インターネットによる申請の場合、本人確認書類の提出は現物あるいはコピーした書面を送付する必要はありません。スマートフォンなどで撮影をした画像データで対応してくれるカード会社が主流になっているので、大変便利で時短になります。

当日受け取りを希望する方にとっては、データ送信で手続きを完了させられるので、非常に重宝する方法といえます。

審査

必要事項を入力し、本人確認書類の送付を終えた後は、カード会社側で独自の基準にのっとった審査を行ないます。審査の基準や内容についてはどのカード会社も公表することはありません。申請後は、審査に通過するのを待つしかありません。

カード会社によって実施の有無は異なりますが、本人宛に電話がかかってくることもあります。さらに、申請時に入力した勤務先やアルバイト先に在籍確認の連絡がなされることもあります。カード会社によっては、本人確認のための大切な手続きとなるので、勤務先にあらかじめ断っておくなどして協力してもらう必要があります。

カード会社の審査が終わると、メールなどで審査結果を受け取ります。審査通過の連絡を受けられれば、晴れてカードを手に入れられることが決まります。審査に通過できなかった場合は、クレジットカードの入手をあきらめるか、他の業者を選択することになります。

店頭受取

審査に合格した連絡を受け取った後は、指示された店頭で実物のカードを受け取ることになります。クレジットカード受け取りの際には、申請者本人である確認を求められることがほとんどですので、本人確認書類を持参していくことを忘れないようにしましょう。

店頭で提示する書類は、データで送信した本人確認書類にしておくのが無難です。また、本人確認書類に加えて、以下のようなものが必要になるケースが多いです。

・クレジットカード申し込みの受け取り番号(審査完了後のメールに記載されていることが多い)
・引き落とし口座に設定した銀行口座が分かるもの(銀行通帳やキャッシュカード)
・銀行口座の印鑑
・その他カード会社が指定する書類など

審査完了後に受け取るメールなどに、店頭受け取り時に必要な種類や注意事項が記載されているので、しっかりと確認して準備しましょう。店頭に行ったときにクレジットカードの受け取りがしっかりとできるように、確実な準備をしておく必要があります。

即日で店頭受取が可能なクレジットカード

現在、クレジットカードを即日で受け取れる対応をしている業者はいくつか存在します。今回は、その中でも有名で安心感があり、使いやすいおすすめのクレジットカードを紹介します。

・ACマスターカード
・ルミネカード
・エポスカード
・エムアイカード
・セゾンカード

 

ポイント還元率や付随するサービス、近くに受け取りができる点等があるかどうかなど、様々な側面から比較をして、自分に合ったクレジットカードを選択しましょう。

ACマスターカード

ACマスターカードは、アコムという消費者金融業者が発行しているクレジットカードです。アコムは、消費者金融業者としては珍しくクレジットカード発行業務を行ないます。メガバンクである三菱UFJフィナンシャルグループのグループ会社ですので、業者としての信頼感は非常に高いです。

・年会費…無料
・ポイント還元率…0.25%
・国際ブランド…Mastercard
・入会資格…20歳以上でアコムの審査基準を満たすこと

審査時間は最短30分で完了するというスピーディーさが大きな魅力です。また、利用額に応じて付与されるポイントは、自動で現金還元されるので、ポイントの使用忘れによる失効の恐れがありません。

さらに、自動契約機からの申し込みが可能で、スマートフォンからの利用と同様、クレジットカードの即日発行、当日店頭受け取りに対応可能な点も魅力です。自動契約機なら、申し込み時に不安な点や不明点があれば、その場でオペレーターの方に質問もできるので、安心です。

ルミネカード

ルミネカードは、JRで知られる東日本旅客鉄道株式会社の子会社である株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。東日本旅客鉄道株式会社系列のカードですので、JRと連携したサービスが多いクレジットカードです。

・年会費…1,048円(初年度無料)
・ポイント還元率…0.50%~1.84%
・国際ブランド…VISA、JCB、Mastercardから選択
・入会資格…満18歳以上(高校生は不可)

ルミネカードの特徴は、JRのSuicaの機能を搭載させることができる点にあります。ルミネカード一枚で、JRの定期券として使用したり、Suicaのチャージ残高で買い物もできます。さらに、オートチャージの機能も付与できて、一枚あればJRの利用が非常にスムーズになります。

さらに、ルミネ系列店で利用すると支払代金から5%OFFとなるなど、付随する特典が非常に魅力的です。普段JRを利用している方にぴったりのクレジットカードです。

エポスカード

エポスカードは、大手小売店経営のマルイグループが発行するクレジットカードです。特典を得られる店舗の範囲が非常に多いことが特徴です。

・年会費…無料
・ポイント還元率…0.50%
・国際ブランド…VISA
・入会資格…満18歳以上(高校生は不可)

マルイグループでの優遇はもちろんのこと、他にも様々な飲食店や遊園地での優遇が受けられます優遇の内容は店舗によって異なりますが、ポイントの付与率がアップするケースが多いです。

さらに、保険付保や補償の内容が非常に充実していることも特徴です。障害死亡や障害治療費用、携行品補償など種類が多く、安心です。

VIASOカード

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。ネットショッピングを利用する際に大きな特典を受けられる点に特徴があります。

・年会費…無料
・ポイント還元率…0.50%
・国際ブランド…VISA、Mastercardから選択
・入会資格…満18歳以上(高校生は不可)

VIASOカードの特徴は、VIASOが提供するネットショッピングサイトの「VIASO eショップ」での買い物やサービス使用時に、ポイント付与率が上昇することが挙げられます。大手通販サイトのYahoo!ショッピングでもポイント付与率が1%に上昇します。

さらに、貯めたポイントは自動的に現金還元されるのも特徴です。クレジットカードで貯めたポイントの使用を忘れて期限切れになってしまうことが多い方にとっては大きなメリットになります。

セゾンカード

セゾンカードは、株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードです。セゾンカードの特徴は、永久不滅ポイントが付与されることです。永久不滅ポイントは有効期限がないため、安心して貯蓄していくことが可能です。

・年会費…無料
・ポイント還元率…0.50%
・国際ブランド…VISA、JCB、Mastercardから選択
・入会資格…満18歳以上(高校生は不可)

セブンイレブンやイトーヨーカドーで利用するとポイント還元率が高くなる優遇があります。セブンイレブンで有名なnanacoポイントとも連携できる、使いやすいクレジットカードです。

審査なしで即日発行できるクレジットカードはある?

即日発行、店頭受取に対応しているクレジットカード手続きに関して、審査を行なっていないのではないか、あるいは審査が甘いのではないかと考えている方が意外に多いです。短時間で手続きが完了するので、審査はほとんど実施されていないのではないかと思うのも納得がいきます。

しかし、実際はそんなことはありません。クレジットカードの発行に際し、審査をしていない、あるいは甘く行なうということはありません。近年は、各種システムが急速に発達しており、クレジットカードの審査においてもオートメーション化した対応が考えられます。

返済遅れや返済できなかった履歴、いわゆるブラックリストに掲載された履歴を短時間でチェックする機能があれば、審査は非常に短時間で済ませられると考えられます。

クレジットカード各社の審査の手法は明らかにされていないので確実な情報はありませんが、少なくとも審査をしないということはあり得ず、もちろん審査に通らずカード入手ができなかった事例も数多く存在します。

クレジットカード即日発行をする際の注意点

クレジットカードを即日発行で手続きする際の一般的な注意点を紹介します。以下で述べる注意点は、ほとんどのカード会社での手続きで共通して考えられることです。

・インターネットからの申し込みがおすすめ
・未成年者は保護者の同意が必要
・店頭窓口の営業時間を確認

インターネットからの申し込みがおすすめ

クレジットカードの申請をする際には、店頭で申込書を記載して申請する方法や、申請書を自宅で記載して、本人確認書類などと一緒に送付する方法など様々ありますが、即日発行・店頭受取を希望するなら、インターネットでの申し込みがおすすめです。

インターネットからの申し込みの方が、手続きが非常にスムーズに進みます。審査結果もメールなどで受領できるので、店頭に足を運ぶのはカードを受け取るときだけで済みます。もしインターネットでない申し込みをした場合は、店頭に足を運んで申請をしたとして、もし審査に通らなかった場合は、店舗まで行ったことが無駄足になってしまいます。

インターネットからの申し込みは、非常に簡単で手続きがスピーディーになるのでおすすめです。

未成年者は保護者の同意が必要

多くのカード会社が、クレジットカードの保有条件として、高校生を除く18歳以上という年齢制限を設けています。18歳で高校を卒業したらすぐにカードを入手できるかといえばそうではありません。

18~19歳の未成年の期間は、自分だけの判断でカードの取得はできず、親など保護者の同意が必要になります。保護者への確認方法は、基本的にカード会社からの電話によります。保護者の同意が得られない方は、20歳の成人を迎える前では、カード保有我慢する必要があるので注意しましょう。

店頭窓口の営業時間を確認

クレジットカードを店頭受取に指定した場合は、即日でのカード受取が可能になりますが、店頭窓口がオープンしていないとカードを受け取ることは当然不可能です。そのため、あらかじめ受け取る店頭の営業時間をチェックしておく必要があります。

クレジットカードの審査にかかる時間は人それぞれです。短時間で終わる方もいれば、数時間かかる方もいます。そのため、クレジットカードの即日発行を希望する方は、ある程度時間に余裕をもった申請をしましょう。

最新式クレジットカードサービス~デジタルカード~

近年は、携帯端末が急速に発展してきていて、特にスマートフォンは多くの方の生活必需品となってきています。クレジットカードの活用においてもスマートフォンが大活躍します。

カード会社の中には、実物のプラスチックのカードだけでなく、スマートフォン上にクレジットカードの情報が表示できる、「デジタルカード」という機能を提供するところがあります。デジタルカードは、通常のカード型のクレジットカードの機能をすべてスマートフォン上で活用できます。店頭でスマートフォン画面を提示すれば、決済が完了します。

デジタルカードの申請自体は、通常のプラスチックカードを依頼する際の手順と同じです。デジタル型式の場合は、店頭に足を運んでカードを受け取る手間も省けて大きな時間と手間の短縮になります。最短だと、申請からデジタルカード受取まで、数十分で完了するので、急ぎでカード取得を行ないたい方におすすめです。

まとめ

以上、クレジットカードの即日発行・店頭受取について解説をしました。いくつかのカード会社では即日発行に対応しているので、ぜひ活用してみてください。

・即日発行できるクレジットカードの内容を比較して自分に合っているか考慮する
・カード会社の審査は即日発行希望でも基準は変わらない
・18歳以上が入会の条件となるなど、カードごとの条件をチェックする
・データでカード情報を入手できるデジタルカードがある

即日発行可能なクレジットカードの中でも、様々なサービスの違いがあります。自分に合ったサービスを提供するクレジットカードを取得して便利かつお得に活用しましょう。

関連記事

学生におすすめのクレジットカードは?審査や作り方について解説!

JCBオリジナルシリーズを解説!おすすめのクレジットカードの特徴・審査・メリットについて

JCB CARD W plus Lはどんなクレジットカード?審査基準やメリットを解説!

JCB法人カードの種類と特徴は?個人カードと法人カードの違いについても解説

三井住友カードはナンバーレスがおすすめ|賢く活用する豆知識【完全版】

セゾンカードを即日発行するためには?カードの特徴や申し込み方法について

JCBカードW(JCB CARD W)は学生がお得に利用できるクレジットカード?メリットやデメリットも紹介

セディナカードは即日発行可能なカード?セディナカードのメリットとは?

このページの先頭へ