エポスカードの審査通過のための秘訣!審査時間や審査落ちの対策も解説

エポスカードは、日本で初めてクレジットカードを発行した「株式会社丸井グループ」の関連会社「株式会社エポスカード」が発行しているクレジットカードです。

エポスカードは、申し込みからカード発行まで、早ければ即日で完了します。

カード発行と同時に2,000円相当のエポスポイントまたは優待券クーポンがもらえるし、全国の約1万店舗から優待されるサービスもあります。

 

 

消費者にとってありがたいサービスを展開しているエポスカードを利用してみたいと検討している方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、これからエポスカードを申し込みたい方に向けて、審査に合格するコツをご紹介します。

また、エポスカードはカードが即日発行できることから、審査時間が早いと予想されます。

実際に、どのくらい審査時間が早いのかについても触れます。

それから、クレジットカードは審査落ちしてしまうこともあり、エポスカードも例外ではありません。

審査落ちには理由と対処法がありますので、その点についても解説します。

エポスカードの審査申し込みについて

審査を受けるには、申し込みが必要です。

ここでは、エポスカードの審査の申し込み条件と申し込み方法を説明します。

申し込み条件には細かい規定がなく、申し込み方法も簡単なので、エポスカードは多くの方が利用しやすいカードだとわかります。

申し込み条件

まずは、申し込み条件について解説します。

エポスカードの申込条件は特に細かい規定がなく、収入に自信のない方にとっても敷居が低いものとなっています。

申し込み条件は2つだけ

エポスカードの申し込み条件は次の2点だけです。

・高校生を除く18歳以上の方
・国内在住の方

エポスカードは高校生を除く18歳以上の国内在住の方であれば、誰でも申し込めます。

カードの申し込みはインターネットからもできるので、国外在住の方もカードを申し込めると思う方もいるでしょう。

しかし、エポスカード公式ホームページの「よくある質問」の中では、「日本国内在住の方に限らせていただいております」と明記しています。

残念ながら、国外在住の方は申し込みの前段階であきらめましょう。

学生や専業主婦も申し込める

エポスカードの申し込み画面を確認して、学生や専業主婦、年金受給者の方も申し込めるとわかりました。

申し込み画面の「おしごと」の選択欄に「大学生・大学院生」・「短大生・専門学校生」・「専業主婦(本人収入なし)」・「年金受給者」の項目がありました。

無職で収入に自信のない学生・専業主婦・年金受給者にもカードを発行できるチャンスがあります。

申し込み方法

エポスカードの申し込み方法は、店舗で申し込む方法とインターネットから申し込む方法の2通りあります。

以下からそれぞれの申し込み方法とカード発行の流れについて説明します。

店舗で申し込む

エポスカードセンターという店舗に申し込むと直接カードを発行できます。

申し込み完了後、早ければ即日でカードを受け取れるので、エポスカードを早く使いたい方には最適な方法です。

ただし、エポスカードセンターは四国にはなく、限られたところにしか店舗がない地域もあります。

エポスカードを利用したい全ての方が店舗で申し込めるわけではないので、注意してください。

申し込みには、キャッシュカードとカードを即日で受け取りたい方に限り身分証明書が必要です。

申し込み後に時間がない場合は後日、郵送で受け取る方法もあります。

郵送の場合は、申し込みからカードが受け取れるまで10日ほどかかります。

インターネットから申し込む

インターネットから申し込んでカードを受け取る方法もあります。

申し込みからカード発行の流れは次の通りになります。

① エポスカード公式ホームページの申し込み画面に住所・氏名などの基本情報と収入に関する情報を入力する。

② カードをエポスカードセンターか郵送で受け取るかを選ぶ

③ カード発行確認画面で審査結果が通知されて、すぐにメールでも審査結果が通知される。

④ 好きなタイミングで、カード利用料金を引き落とす銀行口座の情報を入力する。
店舗で受け取り希望の場合は来店時にキャッシュカードを持参すると口座情報を登録できます。

⑤ カードを受け取る。
・郵送の場合
配達時に本人確認が必要なので、運転免許証などの身分証明証を準備しておきます。

・店舗受取の場合
受取希望店舗に行くとカードが発行されます。
身分証明証と利用料金の引き落とし口座を登録していない場合はキャッシュカードを
持参します。

他のカード会社では、貯蓄額を入力させるところもありますが、エポスカードの申告内容は、申込者の基本情報と収入の情報だけです。

銀行口座の情報も申し込み完了後にいつでも入力するしくみになっているので、申告する項目が少なく、早ければ5分で申し込みが完了します。

店舗受取を希望した場合、早ければ即日でカードを受け取れます。

エポスカードの申し込み方法は簡単で、カードの受け取りもスムーズです。

エポスカードの審査方法について

エポスカードの審査に合格するコツを知る前に、審査方法を把握しておきましょう。

それでは、エポスカードの審査方法について解説します。

現在の収入だけではなく過去の利用歴も合わせて総合的に判断する

エポスカードの審査は、現在の収入だけではなく、過去のカード利用歴も合わせて総合的に判断しています。

エポスカードに申し込む際は、職業と収入額を申告します。

現在の収入額が重要な判断材料になっていると思う方もいるでしょうが、過去の利用歴も審査の対象になっています。

過去の利用歴のことをクレヒスといいます。

以下からクレヒスについて説明します。

クレヒスとは

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、これまでクレジットカードなどの信用取引や返済が必要なものを遅延なく払っているかがわかるものです。

クレヒスによって具体的に次の情報がわかります。

・クレジットカード利用額の支払いに滞納はないか
・奨学金の支払いに滞納はないか
・公共料金の支払いに延滞はないか
・ローンやカードの審査落ちを繰り返していないか
・カードの多重申込をしていないか
・ローンやカードを短期解約していないか

クレヒスは、延滞がないかだけではなく、申し込みをしたカード会社までわかってしまいます。

クレジットの支払いを順調にしていることを「クレヒスが良い」と言われます。

逆に、延滞等の信用できない行為をしていると「クレヒスが悪い」や「クレヒスに傷がある」と言われます。

クレヒスが良い方はクレジットカードの審査に合格しやすいですが、クレヒスが悪いと、いくら収入が安定していても審査落ちする場合もあります。

クレヒスはカード会社に開示される

クレヒスはカード会社に全て開示されます。

自分でも覚えていないような滞納歴が含まれていることもあるので、まさかそんな個人情報洗いざらい知られているわけないだろうと思うかもしれませんが、意外と全部バレてしまいます。

その理由は、カード会社が個人情報機関に加盟しているからです。

信用情報機関とは、個人の過去の取引履歴を管理している機関で、金融機関は信用情報機関に加盟して、個人の信用情報を照会しています。

信用情報機関には、以下の3つがあります。

・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・株式会社シーアイシー(CIC)
・一般社団法人全国銀行個人信用情報センター(JBA)

エポスカードは、キャッシングサービス関連においては、株式会社日本信用情報機構(JICC)と株式会社シーアイシー(CIC)に加盟しています。

また、ショッピングクレジット関連においては、株式会社シーアイシー(CIC)に加盟しています。

エポスカードの審査に申し込む際は、過去の履歴も全部知られているのをわかった上で収入などの情報を申告しましょう。

流通系カードなので審査基準は甘い

エポスカードは流通クレジットカードに分類されています。
クレジットカードは発行元の会社によって、銀行系カード・交通系カード・信販系カード・流通系カードの4つに種類に分けられます。

この4種類を審査基準の厳しさで順位を付けると、銀行系カード→交通系カード→信販系カード→流通系カードの順になります。

流通系カードは審査基準が甘く、収入額の基準を低く設定していたり、クレヒスの多少の傷も見逃したりしています。

エポスカードが審査とカード発行まで早くて即日で終わるのは、流通カードの性質によって、審査基準が甘いことが理由といえます。

専業主婦は配偶者の収入が審査基準になる

専業主婦は、配偶者の収入が審査基準になります。

専業主婦がエポスカードの審査に申し込む際は、配偶者の年収を申告します。

専業主婦は配偶者に扶養されているので、当然のことですが配偶者の収入で返済能力をはかるしかありません。

配偶者の収入から生活費を引いても、十分な返済額が残るかを考慮した上でカードの申し込みをしましょう。

学生は家族が立て替えて支払ってくれるかが審査基準になる

エポスカードは学生も申し込めますが、本人以外の生計を維持している家族がカード利用料を立て替えて支払ってくれるかが審査基準になります。

学生は勉強が本業で職に就いていない方が多いです。

それでもエポスカードに申し込めるのは、家族に扶養されている立場だからです。

エポスカードの申し込み画面では、学生は「ご家族の情報」を選択する欄があり、家族間で主に生計を維持している人を選べるようになっています。

学生本人が無職で収入がなくても、代わりに返済できる家族がいると判断されれば、カードを発行できる可能性はあります。

無職は審査に合格するのが厳しい

無職でもエポスカードの審査に合格できる可能性があるのは、学生・専業主婦・年金受給者のみです。

それ以外の条件で、無職の方が審査に合格するのは厳しいです。

エポスカードの申し込み画面で、「おしごと」の選択欄に「その他(家事手伝いなど)」という項目もありました。

家事手伝いと聞くと、「無職でも申し込めるのでは?」と思う方もいるでしょうが、勤めている職場がなければ申し込みはできません。

家事手伝いでも何らかの職業に就いていなければ、カード発行はできないと予想できます。

パートでもアルバイトでもいいので、何らかの職業に付いている時に申し込むようにしましょう。

エポスカードの審査に合格するコツ

それでは、本題であるエポスカードの審査に合格するコツを紹介します。

上記でエポスカードの審査方法について説明しましたが、それを踏まえて具体的にどうすれば審査に合格できるのかについて解説します。

ローン、クレジットの滞納がないか確認する

過去にローンやクレジットで滞納がなかったか確認しましょう。

滞納歴等の申込者にとって都合の悪い情報が知られれば、審査では不利になります。

申し込む前に自分で過去の利用歴を見て、何も支障がないと確認できた上で申し込むと審査に合格しやすくなります。

以下から、過去の利用歴を確認する方法を教えます。

過去の利用歴を確認する方法

上記で紹介した信用情報機関に情報開示請求をすると過去の利用歴を確認できます。

信用情報は、JICC・CIC・JBAの3箇所全てで請求すれば開示してもらえます。

請求方法は、インターネット・窓口・郵送の手段があります。

身分証明証などの書類と手数料が必要なので請求前に準備してください。

エポスカードは、JICC・CICに加盟しているので、この2社に開示請求するとより正確な情報が得られます。

金融事故を起こした方は要注意

信用情報を確認して、自分が金融事故を起こしたことがあるとわかった場合は要注意です。

金融事故とは、2~3ヶ月の返済遅延、自己破産などの状況を指します。

金融事故を起こした人については信用情報機関でも登録管理されています。

これがいわゆる「ブラックリストに載っている」状態です。

ブラックリストに載っている方は、エポスカードの発行を申し込んでも審査落ちする可能性が高いです。

審査落ち覚悟で申し込むか、申し込みを考え直した方がいいです。

多額の借金がない状態で申し込む

金融機関に多額の借金がある方は、それを整理してから申し込むと審査に合格しやすいです。

エポスカードに申し込む際、他社からの借入がないか申告しなければなりません。

いくら借入がないと嘘の申告をしても、借金の有無は信用情報機関に照会するとわかるし、同業他社からも情報を得ています。

「多額の借金がある=返済能力がない」と見なされて審査落ちする可能性が高いので、一旦、借金の残額を減額させるか完済してからエポスカードの審査に申し込むようにしましょう。

嘘の申告はしない

嘘の申告は決してやってはいけません。

収入が低いことや借金を抱えていることをごまかすために嘘をついても、個人情報機関の照会や他社からの情報がエポスカード側にも伝わっているので、わかってしまいます。

嘘の申告をしたとわかると、審査落ちだけではなく、詐欺罪に問われます。

そうなると、エポスカードだけではなく、他のカード会社でもカードを発行できなくなります。

審査に不利な状況にあっても、取り返しのつかないことになるよりは、正直に申告した方がいいです。

同時期に複数のカード会社への申し込みは避ける

エポスカードの申し込みと同時期に、複数のカード会社にクレジットカード発行の申し込みをするのは避けてください。

クレジットカードの申し込み状況もエポスカード側に把握されています。

「カードを複数申し込む=お金に困っている=返済能力がない」と解釈されてしまい、審査落ちする可能性が高まります。

審査に合格したければ、審査結果が出るまで他のカード会社に申し込みはせず、エポスカード1件だけに留めてください。

学生はアルバイトを始めてみる

学生は家族に返済能力があると判断されれば、カードを発行される可能性が高いと上記で説明しましたが、収入があるに超したことはないです。

審査に合格したければ、アルバイトを始めてみるのもコツの1つです。

エポスカードの申し込み画面で、学生は収入を入力する項目があり、アルバイトの収入も申告できます。

エポスカードの審査は、無職・無収入の方には厳しいものとなっているので、アルバイトでも収入がある方が審査では有利になります。

エポスカードの審査時間について

エポスカードは、審査が早いと評判です。

実際にどのくらいの時間で審査が終わるのか説明します。

店舗申し込みは30分でカードが発行できる

エポスカードセンターで申し込んだ場合は、早ければ申し込みから30分でカードを発行できます。

収入が安定していて、クレヒスにも何も問題がなければ、30分もしないうちに審査結果がわかり、その場でエポスカードが発行されます。

インターネットからの申し込みも30分で審査結果がわかる

インターネットで申し込んだ場合も、早ければ30分もしないうちにカード発行確認画面で審査結果が通知されて、すぐにメールでも通知されます。

郵送でエポスカードを受け取る場合は、1週間ほどかかりますが、結果がわかった後に店舗受取を希望している場合は、即日で受け取れます。

これだけ早く結果が出てカードもすぐに利用できるので、エポスカードはネット上で、審査が簡単なクレジットカードだと認識されています。

場合によっては審査時間がかかることもある

場合によっては、審査結果が数日から数週間かかることもあります。

その理由としては、申込時の申告内容と信用情報機関からの情報に差異があるケースが多いです。

申告内容に信憑性があるか調査をするのに時間がかかります。

信憑性が疑わしい場合は、勤務先に在籍確認の電話がくることもあります。

審査落ちの理由と対処法

審査に時間がかからず、簡単にカードを持てると思われているエポスカードでも審査落ちすることはあります。

ここでは、審査落ちしてしまう理由と審査落ちした後の対処法を説明します。

審査落ちの理由

審査落ちする理由としては、次のものが挙げられます。

・収入0で貯蓄0

・他社に多額の借金をしている

・クレヒスが悪い

・嘘の申告をした

要するに、上記で説明した審査に合格するコツを守らなかった人が審査落ちします。

審査に合格するコツは裏を返せば、「審査に落ちやすい人にならないようにするコツ」と同じ意味です。

審査に落ちてもまた申し込める

エポスカードに審査落ちしてもまた申し込むチャンスはあります。

一度審査落ちしたからといって、申し込み自体を断られることはありません。

もし、審査落ちしてしまったとして、それでもエポスカードを発行したいのであれば、「また申し込む」のが一番の対処法です。

しかし、「審査に合格するまで何回でも申し込めばいいや」と考えていたら、審査落ちを繰り返す羽目になります。

審査落ちの対処法

数撃てば審査に合格できるという気持ちでいたら、いつまで経ってもエポスカードは発行されません。

審査落ち後の対処法が今後の審査結果を左右します。

では、具体的にどうすればいいのか以下から説明します。

 借金や滞納しているものを減らす

借金や滞納歴が残っているのであれば、それを減らすしかありません。

やはり、借金や滞納歴は審査には不利です。

返すものは返して、滞納しているものはきちんと支払ってきれいに整理しましょう。

そうすると、信用情報も良くなっていき、もう一度エポスカードに申し込んだ際には審査に合格しやすくなります。

 6ヶ月以上空けてもう一度申し込んでみる

もう一度エポスカードに申し込むのは、6ヶ月以上空けてからにしましょう。

クレジットカードの申し込み状況は、個人情報機関で把握されていると上記で説明しましたが、保存期間は6ヶ月とされています。

そのため、審査落ちから6ヶ月以内に申し込めば、審査に不合格だった人=カードを発行できないと判断されて、また審査落ちします。

そうならないためにも、審査落ち後の6ヶ月間は借金と滞納しているものがある方はきれいに整理したり、無職の方は職に就いたりといった審査に合格するための対策期間にあててください。

 他社のカードを申し込む

6ヶ月間なんて待てない方は、エポスカードを諦めて他社のカードを申し込むのも対処法の1つです。

審査落ちした根本的な理由を解決できていないので、あまりおすすめしたくありませんが、エポスカードより審査基準が甘く、審査に合格しやすいカードはあります。

どうしてもクレジットカードを持ちたい方は、この対処法が一番早く解決できます。

稀にですが、今まで一度もクレジットカードやローンを利用したことがなく、クレヒスが何もないために審査落ちする方もいます。

そのような方にとっては、他社のカードを作って信用情報を作るのは有効な対処法といえます。

審査を申し込む際に気をつけてほしいこと

審査落ちした場合は、以上の対処法を実行すると、再審査に合格しやすくなります。

しかし、ただ付け焼き刃のように対策すればいいものではありません。

最後に、審査に申し込む際に気をつけてほしいことを伝えます。

誰でも審査に合格できるクレジットカードはない

カード発行を申し込む際は、「誰でも審査に合格できるクレジットカードは存在しない」と意識していただきたいです。

カード会社も利用者からカード利用額を回収するのが業務の一環なので、確実に支払ってくれると信用できる人にしかカードを発行しません。

他社から多額の借金をしている・収入もゼロで貯蓄も0ゼロ・クレヒスが悪い。

この3つの条件にあてはまる方は、審査落ちします。

エポスカードは審査基準が甘いことは上記で説明したし、実際にネット上ではエポスカードの審査は簡単に合格できると評判ですが、確証はありません。

「収入が少なくて経済状況が良くなくても利用できるだろう」と安易に考えるのはやめましょう。

確実にエポスカードの審査に合格したければ、この記事で紹介した審査に合格するコツを全て実践した上でカード発行の申し込みをしてください。

審査落ちの原因を解決して二度と繰り返さない

エポスカードに審査落ちした方は、上記で紹介した審査落ちの対処法を参考にして、必ず審査落ちの原因を解決してからもう一度審査に申し込むようにしてください。

そして、最も大事なのは、エポスカードの審査に合格できたとしても、解決した原因を二度と繰り返さないことです。

エポスカードの審査にもう一度申し込んで合格できたとしても、信用情報が悪くなる行為を繰り返してしまえば、エポスカードだけではなく、他のクレジットカードも利用できなくなります。

これからは、「簡単に審査に合格できるだろう」という気持ちは捨ててください。

クレジットカードを持ちたいと思った時は、自分には審査落ちの原因はないか、カードを所有した後もクレヒスに傷が付かないようにいられるかを自問自答してから審査に申し込むようにしましょう。

関連記事

Amazonのクレジットカードの2種類の違いはなに?お得に利用できるクレジットカードを紹介

JCBカードW(JCB CARD W)は学生がお得に利用できるクレジットカード?メリットやデメリットも紹介

楽天カードの特徴と使い方|家族で便利に楽天Payを使ってみよう!

楽天カードの特徴と使い方|家族で便利に楽天Payを使ってみよう!

Amazonで買い物をするならJCBカードWがおすすめ!他のおすすめカードも紹介

エムアイカードの審査・申込・発行までの流れを解説。エムアイカードは即日発行も可能なクレジットカード!

キャッシュレス決済で使えるクレジットカードと基礎知識について紹介!

JCB CARD W plus Lはどんなクレジットカード?審査基準やメリットを解説!

家族カードを最短で入手する方法・即日発行は可能?

このページの先頭へ