家族カードを最短で入手する方法・即日発行は可能?

審査にとおる十分な収入がなくて、クレジットカードをつくれないとお悩みの方もいるでしょう。
家族カードは、学生や主婦の方でも発行できるクレジットカードです。

本記事では、家族カードを最短で入手する方法や、おすすめのクレジットカードを紹介しています。本記事でお伝えしたいポイントはこちらです!

・家族カードの即日発行は現状できない
・家族カードが手元に届くまでは1週間から2週間ほど
・クレジット会社によっては家族カード自体つくっていないところもある
・家族カードのメリット4つ
① 年会費が無料もしくは安い
② 合算して請求されるため、家計管理がしやすい
③ ポイントの合算ができる
④ 審査がない
・注意点はプライバシーがない点

こちらについては、

家族カードの最短発行日数ランキングでのクレジットカード紹介
家族カードの特徴
クレジットカードの審査

についてもふれていますので、最後までご覧ください。

最短で7日!家族カードがすぐ欲しい人向けのクレジットカード

2021年2月現在、家族カードの即日発効に対応しているクレジットカード会社はありません。家族カードは審査が基本的にありませんが、一般的には最短で1週間、長くても2週間以内の発行になる場合が多いようです。

クレジットカードを最短で手にする方法は、受付窓口で本会員としてカードを発行してもらうのが手っ取り早いでしょう。

本会員であれば、即日発行にも対応しているカード会社もあります。

家族カード・発行日数が短いクレジットカード

おそらくこの記事を読んでいる方は、なんらかの理由があり本会員になれない事情があると考えます。

急ぎの用事があり、最短での発行を希望されている方向けに、以下のポイントに絞ってクレジットカードをご紹介します。

・本会員のカード発行までの日数の短さ
・家族カードの発行までの日数の短さ

加えて、家族カードの基本情報も併せてのせていますので、申し込みする際のご参考にどうぞご覧ください。

注意事項…
・家族カードの発行日数の(★)について
家族カードの発行日数を公式HPにて明記されていない場合(★)とさせていただきました。
(★)マークの日数は、あくまで口コミから得た情報なのでご注意ください。

・発行日数について
今回の発行日数は、カードが処理される日数であり、カードが手元に届く日数ではありません。住んでいる地域により配達時間に差がでるため、カード会社の処理日数で表記しています。

三井住友カード

日本初のVISAカードであり、三井住友カードのスタンダードカードです。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険がついている点が、他社カードより優れています。

「Vpass」というネットサービスからの申し込みで、最短3営業日で発行可能です。

 

三井住友カード
本会員・発行日数翌日発行
家族カード・発行日数Vpass ➡ 3営業日
・ショッピング保険付き・海外旅行傷害保険付き
家族カードの内容・特徴
・年会費:1人目 400円(※1) 2人目 400円

※1 初年度は無料、2年目以降も条件クリアで無料にできる

・本会員と同時に家族カードの手続きも可能

 

VIASOカード

三菱UFJニコス株式会社が発行しているクレジットカードです。

楽天市場でポイントが2倍、携帯利用分のポイント2倍などと、お得にポイントが貯められるのが特徴です。

 

VIASOカード
本会員・発行日数翌日発行
家族カード・発行日数3営業日(★)
・ショッピング保険付き・海外旅行傷害保険付き
家族カードの内容・特徴
・年会費:無料

・本会員と同時に家族カードの手続きも可能

・海外留学が理由であれば、15歳以上の高校生または専門学生の子どもでも家族カードの作成が可能

 

ライフカード

ライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

誕生日月にはポイントが3倍貯まるので、サブカードとして持つ人も多いようです。

 

ライフカード
本会員・発行日数3営業日
家族カード・発行日数3営業日
家族カードの内容・特徴
・年会費:無料

・本会員と同時に家族カードの手続きも可能

 

セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントとも呼ばれるとおり、ポイントの有効期限がない点が特徴です。

完全ナンバーレスデジタルカードも選択が可能であり、セキュリティ面にも強いといえます。

 

セゾンカードインターナショナル
本会員・発行日数最短5分
家族カード・発行日数3営業日以上(★)
家族カードの内容・特徴
・年会費:無料

・本会員と同時に家族カードの手続きも可能

 

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

高いステータス性を誇る、このクレジットカードは年会費が高い点がネックです。

しかし家族カードの1枚目は無料なため、お得感があります。

口コミでは家族カードを申し込んで1週間かからずに受け取ったという声もありました。

 

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード
本会員・発行日数3営業日
家族カード・発行日数3営業日
・海外旅行傷害保険付き・ショッピング保険付き
家族カードの内容・特徴
・年会費:1人目 無料 2人目~13,200円

・最大6枚まで発行可能

・学生の海外留学での発行も電話相談にて受付

 

JCBゴールドカード

国際ブランドのJCBが発行するカードの一つです。

ゴールドカードというスペックの高さにくわえ、年会費のコスパの良さがあります。

「MyJCB」という専用オンラインでの申し込みが最短であり、1週間以内に手元にカードが届いた例もあり、比較的早く対応してくれるクレジット会社です。

 

JCBゴールドカード
本会員・発行日数当日発行
家族カード・発行日数MyJCB ➡ 3営業日
・海外旅行傷害保険付き・ショッピング保険付き
家族カードの内容・特徴
・年会費:1人目 無料 2人目~1,100円

・本会員と同時に家族カードの手続きも2枚まで可能

 

イオンカード

イオン系列店舗にて「WAON決済」を使いお得にポイントを貯められるクレジットカードです。

主婦層に人気が高く、買い物時に便利なカードですが、イオンカードは本会員と同時に申し込みはできないため、家族カードを作るときはご注意ください。

 

 

イオンカード
本会員・発行日数当日30分
家族カード・発行日数5営業日以上(★)
・海外旅行傷害保険付き(ゴールドのみ)・ショッピング保険付き
家族カードの内容・特徴
・年会費:無料

・ご家族で3枚まで発行可能

・本会員と同時には家族カードは申し込めない

 

家族カードが手元に届くまで、日数のバラツキの理由

口コミをみると、カードが手元に届くまでにバラツキがあるように感じます。

Aさんは申し込み後、5日でカードが届いたが、同じカードを申し込んだBさんの場合、届くまで2週間もかかったケースもあります。

なぜこのように届くまでのタイムラグがあるのでしょうか。

その主な理由は以下の通りです。

・土曜、日曜祝日をはさむ場合
・長期休みにて営業所がお休みの場合
・申し込みフォームの内容に不備がある場合
・発行元と自宅の距離が遠い

営業所の休みをはさんでしまうと、どうしても届くまで時間がかかってしまいます。

例えば、金曜の夜にオンラインで申し込んだ場合、処理されるのは翌週の月曜からとなってしまいます。

家族カードの発行時間を短縮する方法

力技ですが、ふたつ方法があります。あまりおすすめはできないのですが、どうしても急ぎである場合は試してみる価値はあります。

① クレジットカード会社に直接問い合わせをする
② 発送連絡がきたら、営業所まで受け取りに行く

まず①ですが、電話で直接問い合わせをかけてみる方法です。事情を説明して、なるべく発行手続きを急いでもらうパターンがあります。

次に②については、受付状況がメールにて配信されると同時に、配送状況の画面にログインできるようになります。

お問い合わせ番号で配送状況を確認したうえ、自宅近くの事業所に直接取りに行く方法です。1日前後しか短縮できませんが、急ぎでほしい方には有効かと思います。

家族カードとは?特徴やメリットについて

ここまで家族カードの発行日数を解説しましたが、そもそも家族カードとはいったいどんなカードなのでしょう。

なんとなく家族が持てるクレジットカードという認識の人も多いと思います。

実は、あまり知られていない、メリット・デメリットについて、おすすめの家族カードの紹介もしています。

家族カードとは?

クレジットカードの会員の家族が追加発行したカードが「家族カード」といいます。
押さえておきたいポイントとして…

・クレジットカード会社ごとに、発行できる家族カードの枚数は決められている
・名義は、クレジットカードを持つ人の名前が使われる

例えば、夫が本会員で妻の家族カードをつくった場合、妻が所有するカードの名義は夫ではなく妻の名前になります。

家族カードの発行対象者は?

家族カードを発行するためには、以下の条件をクリアしなければなりません。

・18歳以上であること
・本会員と生計を同一にする配偶者、親、子ども
「生計を同一」つまり同居していても対象外になる人は以下の通りです。
・同棲中の恋人
・兄弟、姉妹
・義理の両親
・事実婚

ただし、対象外の条件はカード会社により異なるため確認が必要です。

家族カードの申込方法</h4>

各クレジット会社により方法はいろいろありますが…

・オンラインでの申し込み
・本会員と同時に申し込み
・郵送での申し込み

この3つが主な申し込み方法になります。

すでに本会員のクレジットカードが出来上がっている状態であるなら、一番早い方法「オンライン申し込み」になります。

申し込む際の記入事項はいたって簡単で、「氏名・生年月日・本会員との続柄・暗証番号」などの項目を埋めるだけで申請可能です。

家族カードと本カードのちがい。周りからバレる?

家族カードは、他人から見ても一般のクレジットカードとなんら変わりはありませんので、家族カードだとバレません。

ただし、本カードと同じデザインしか選べないという縛りもあります。デザインにこだわる方にとってはデメリットといえるでしょう。

家族カードのメリット

家族カードのメリット4つを紹介します。

金銭面でもお得感のあるメリットもあるため、覚えておくといいでしょう。

年会費無料!維持費がかからない

カード会社によりますが、家族カードの場合、年会費が無料になるところもあります。

年会費がかかる場合も、本会員よりも安い値段設定になっています。

審査がない

家族カードをもつためには、本会員が審査を通過している必要があります。

言い換えると、本会員が基準を満たしているため、その家族まで審査する必要がないと判断されます。よって家族カードの審査はありません。

家計管理しやすい

口座の引き落としが本会員とまとめられるため、家庭内での月々の出費が利用明細でわかります。家計を管理するうえで、手間が省けます。

ポイントが合算できる

家族カードで貯めてポイントは本会員と合算されます。そのため、それぞれが少しずつためるよりも効率的にポイントを貯められるでしょう。

家族カードのデメリット

本会員と比較して、家族カードが劣る点はこちらです。

入会特典がもらえない

入会特典のポイントは受けられません。あくまで家族カードはサブカード的な意味合い持つため、基本は特典の対象外になります。

利用限度額が決められない

ショッピング時の上限額は本会員と合わせた金額になるため、本会員が上限額まで買いものをしてしまうと、家族カードでの利用額はゼロになります。

家族カードの枚数に限らず合算される仕組みです。

本会員が解約すると家族カードも使えなくなる

本会員が解約手続きをとると、それに伴い、家族カードも自動的に解約されてしまいます。

例えば、本会員が亡くなってしまった場合も、解約の対象になるため注意が必要です。

家族カードの選び方5つ

クレジットカードにより、家族カードで受けられる恩恵は変わってきます。

たくさんあるクレジットカードのなかで家族カードを作る際は、以下の点に注目してカードを選びましょう。

・年会費
・発行可能枚数
・ポイント還元率
・各種保険付帯サービス
・使用用途

せっかく作るならメリットが大きいほうがいいですよね。

年会費など、無料もあれば1万円以上もするカードがありますし、付帯する保険も違ってきます。賢く選んでたくさん恩恵をうけましょう。

家族カードの注意点「プライバシー問題」

家族カードのメリットである「まとめて本会員と同一口座から引き落とせる」という点で、注意が必要です。利用明細を見れば、いつ誰がどこで何を買ったかが分かります。

家族カード発行前に、プライバシーが守られない点を考慮しておきましょう。

家族カードのおすすめクレジットカード

記事の前半で紹介したクレジットカードは、「早く家族カードを発行してくれる」点に絞って紹介しました。今回は「家族カードとしてカードを作るメリットが大きい」点に絞ってクレジットカードを紹介します。

高ステータスのアメリカンエキスプレス・ゴールドカード

こちらのカードは、前半でも紹介しましたが短時間で発行可能なだけでなく、カード自体非常に優秀です。

海外旅行保険やショッピング保険もついており、保証額や保証内容も幅広くカバーしています。本会員として申し込む場合は、年会費が29,000円かかるのに対して、家族カードでは1枚目無料でつくれます。

ステータスが高いカードを無料で持てるメリットは相当大きいですね。

さらにアメリカン・エキスプレスでは、事実婚でも家族カードを発行できる利点があります。

 

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード
年会費1人目:無料

2人目:12,000円

国際ブランドアメリカン・エキスプレス
ポイント還元率0.4%~1.0%

 

ポイント還元率10%のdカードゴールド

ドコモの携帯料金やドコモ光の料金の10%がポイントとして還元される、ドコモユーザーにとって有用なクレジットカードです。

3年間最大10万円の携帯補償サービスがついているため、故障・紛失のサポートも万全です。

dカードも本会員の即日発行も可能なカードになります。

 

dカードゴールド
年会費1人目:無料

2人目:1,000円

国際ブランドVISA・mastercard
ポイント還元率1.0%~10.0%

 

三井住友カード・ナンバーレス

本会員、家族カードともに年会費が無料のカードです。専用アプリにて、利用通知や利用制限の設定もできます。

いくら使っているのか把握できるため、月ののこりの上限額を確認できて、使い過ぎ防止にもなるありがたい機能がついています。

さらにナンバーレスも採用しているため、カード本体に番号が一切記載されていない点も三井住友カードの特徴です。

 

三井住友カード・ナンバーレス
年会費無料
国際ブランドVISA・mastercard
ポイント還元率0.5%~5.0%

 

家族カードの発行不可のケースと対処法

家族カードには審査がないと冒頭でも書きましたが、それでも家族カードの発行申請が通らないケースもなかにはあります。

発行してもらえない理由ごとに対処法も書きましたので、当てはまる方はご参考ください。

ケース①本会員に問題がある

例えば、クレジットカードの利用代金を何度も延滞していたり、キャッシング枠の上限額いっぱいで利用していたりする場合です。

カード発行時に本会員の信用が薄いとみなされれば、家族カードの発行不可と判断されてしまします。

対処法
数日の返済遅れの場合は、特に問題がありません。しかし、ブラックリストにのっている場合は最低でも5年間、信用回復は難しいため、家族カードはあきらめて、自身が本会員となり新しくクレジットカードをつくりましょう。

ケース②家族のクレカ歴で金融事故をおこした過去がある

金融事故にあたるケースは以下の通りです。

・支払いの長期延滞(3か月以上の延滞)
・債務整理
・強制解約

このどれかに当てはまるのであれば、ブラックリストにのっていると考えていいでしょう。
5年~10年はクレジットカード会社に記録がのこります。

対処法
ブラックリストにのった先のクレジットカード会社でなければ、家族カードの審査がとおったケースもあります。まずは本会員のカード利用状況を問い合わせてみましょう。

ケース③家族カードの申込条件を満たしていない

家族カードには申し込める条件があります。

・本会員との続柄
・年齢

兄弟同士では家族カードはつくれませんし、年齢がクリアしていても高校生であれば家族カードの発行は無理です。

対処法
申込条件は、クレジットカード会社により違います。事実婚でも申請できる会社もあれば、高校生でも海外留学が理由であれば申請を許可している会社もあります。

まずは公式HPで確認してみましょう。

残何ながら、家族カードの即日発行をしている会社は今のところありませんでした。

クレジット会社別でみても、申し込みをしたタイミングや住む地域によってばらつきがあるものの、だいたい1~2週間かかることが分かりました。

ですが、家族カードならではのメリットもあるので以下の点でも考慮ください。

家族カードはクレジットカードのサブ的な位置づけで発行されるため、初回特典では恩恵を受けられませんが、ふだん使いでは本会員と同様の特典をうけられます。

さらに年会費も本会員よりも安く設定されているため、例えば、夫婦で同じクレジットカードをそれぞれが持つよりも、夫が本会員になり、妻が家族カードを持つほうがお得なケースもあります。

最後にもう一度おさらいをしましょう。

本記事でお伝えしたいポイント。

・家族カードの即日発行は現状できない
・家族カードが手元に届くまでは1週間から2週間ほど
・クレジット会社によっては家族カード自体つくっていないところもある
・家族カードのメリット4つ
① 年会費が無料もしくは安い
② 合算して請求されるため、家計管理がしやすい
③ ポイントの合算ができる
④ 審査がない
・注意点はプライバシーがない点

関連記事

セディナカードは即日発行可能なカード?セディナカードのメリットとは?

キャッシュレス決済で使えるクレジットカードと基礎知識について紹介!

JCBオリジナルシリーズを解説!おすすめのクレジットカードの特徴・審査・メリットについて

即日発行できるデビットカードはある?おすすめのデビットカード5選

イオンカードを即日発行するための方法と申し込みの流れ、即時発行に際しての注意点も解説

三井ショッピングパークカードの作り方|即日発行の手順【ららぽーと系列】

JCB カード W(JCB CARD W)の審査は大変?審査に落ちた方の特徴や審査基準を解説!

ETCカードを審査なしで作る方法を紹介!即日発行できるカードも解説

このページの先頭へ