JCBゴールドカードの審査は厳しい?年会費・特典・メリットデメリットを解説!

ゴールドカードはステータス性があり、一般カードよりも優待特典が多いので、一度は手に入れてみたいですよね。

しかしゴールドカードを持つのは収入が多い人というイメージがあるのではないでしょうか。

実際にゴールドカードを手に入れる資格がある人はどんな人なのか、そして今の自分でも持てるのか気になるところです。

ここでは数あるゴールドカードの中からJCBゴールドカードについて以下のことをまとめています。

・審査に落ちる人の特徴
・JCBゴールドカードの基本情報
・メリット、デメリット

これからゴールドカードが欲しい人も、今手持ちの一般カードをグレードアップさせたい人もぜひ参考にしてみてください。

JCBゴールドカードの審査に落ちる人の特徴

クレジットカードは審査基準が明らかにされていないので、実際になぜ落ちたかというのを確かめることはできません。

しかし申込条件から、審査で何を求めているのか予測はできます。

・JCB一般カード…18歳以上(高校生を除く)で、本人又は配偶者に安定した収入がある方

・JCBゴールドカード…20歳以上で本人に安定継続収入がある方

一般カードとゴールドカードで申込できる条件が異なるので、審査に落ちる人の特徴が伺えます。

年収

JCB一般カードは、申込者本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば申込ができます。

つまり、働いていなくても専業主婦(主夫)や、親の扶養に入っている学生も申込ができて、審査が通る可能性があるのです。

これに対し、JCBゴールドカードは「本人に安定継続収入」とされているので、本人の年収金額が審査でチェックされていると受け取れるでしょう。

勤続年数

本人に安定継続収入があることを条件としているので、コロコロと転職をしていたり、勤続年数が浅いと審査に通らない可能性があります。

ゴールドカードは、誰でも通りやすい一般カードと比べて、限られた人が持つカードです。
そのためには、社会的な信頼をされている必要があるでしょう。

勤続年数が長いと、これまで継続的に働いてきた証明になり、この先も仕事を辞めにくく、安定した収入の見込みがあると考えられます。

反対に、勤続年数が浅いと、この先も仕事を続ける人かどうか判断しにくく、審査に通らない恐れがあるでしょう。

クレジット利用履歴

信用情報機関でこれまでのクレジットの利用履歴がわかるので、審査の基準として調べられます。

これまでに支払いの遅延があると返済能力がないと判断され、審査に通らない可能性があります。

また、今まで一切クレジットカードを使ったことがない「スーパーホワイト」と呼ばれる方も、ゴールドカードのハードルが高いです。

スーパーホワイトの方は、これまでのクレジットカードの利用履歴がないので、返済できる能力があるのかが判断できません。

ゴールドカードを手に入れるには、クレジットカードの仕組みを理解し経験を積み、支払いを済ませてきた実績があるかが重要です。

多重申込

クレジットカードをいっぺんにあちこち申込をしている人も、審査に通らない可能性があります。

クレジットカードは、簡単に言うと「後払い」するものです。
クレジットカードを作る理由は、買い物やまとまった出費の為ということが多いです。

クレジットカードを一度に何枚も申込をしてしまうと、「お金に困っている人」という印象を与えてしまいます。

カードの申込履歴も信用情報機関にしっかり残ります。カードの種類が違うからと言っても6ヶ月は記録に残るので、もし最近他のカードに申込をしていたのなら、JCBゴールドカードの申込は時間を置きましょう。

JCBゴールドカードの基本情報

JCBゴールドカードの基本情報についてまとめています。

年会費

・本会員:11,000円(税込)
オンライン入会の場合は初年度無料

・家族会員:1名無料、2人目より1名につき1,100円(税込)
本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料

申込方法は以下の2種類です。
・インターネット
・郵送

オンライン入会は年会費が初年度無料なのでインターネットでの申込をおすすめします。
他にもインターネットの申込は、記入ミスがしにくく、発行までの日数が早いというメリットがあります。

郵送での申込方法は、まずインターネットで資料請求をし、後日届いた書類に記入し返送する必要があるので、日数がかかってしまう点と、記入ミスが起きやすい点がネックです。

申込対象

・本会員:20歳以上で本人に安定継続収入がある方(学生不可)

・家族会員:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方

JCBゴールドカードに申し込む本人に継続した安定収入があることを求められています。
本人の審査が通ると、学生を除く18歳以上の方も家族カードを持てます。

特典

・OkiDokiポイント

・ポイント還元率:0.1~0.5%

【毎月の利用合計金額】
1,000円(税込)=1ポイント

貯まったOkiDokiポイントは商品交換やAmazonでの買い物、マイルや他のポイントに移行ができます。

【例】
・Amazonでの買い物…1ポイント=3.5円分
・スターバックスカードへチャージ…1ポイント=4円分
・マイルへ移行…1ポイント=3マイル

このように、1ポイントの価値は、使用用途により変動します。

JCBゴールドカードの特徴

数あるゴールドの中からJCBゴールドカードを選ぶ理由が気になりますよね。
このカードは以下の特徴があります。

・空港ラウンジの利用
・問い合わせの電話が24時間無料対応
・保険が充実

それぞれ細かく解説します。

ラウンジ・キーがUS32ドルで利用できる

ラウンジ・キーとは、世界1,100カ所以上のラウンジをUS32ドルで利用できるサービスです。
数あるJCBグループのカードでも、このサービスが利用できるのは、JCBゴールドカードを含めたわずか4種類のカードのみという限られた優待です。

空港ラウンジではドリンクサービスや軽食をはじめ、雑誌の閲覧やインターネット接続、シャワーの利用までと、空港の待ち時間を快適に過ごせます。

騒がしい人混みから離れ、ゆったり贅沢な時間を過ごすワンランク上の旅をしたい方におすすめです。

国内・ハワイの空港ラウンジが無料

国内の主要空港とハワイホノルルの国際空港内のラウンジなら無料で利用できます。
こちらもJCBグループのカードの中では4種類のカードのみが対象です。

家族カードの方も対象なので、家族旅行でゆっくり待ち時間を過ごすのも良さそうです。

ゴールド会員専用デスクへの問い合わせが無料

通常、クレジットカードの問い合わせの電話は有料だったり、繋がりにくかったりということがあります。

ですが、ゴールド会員デスクは24時間無料で対応しており、電話もすぐつながりやすいため、わからないことがあれば対応してもらえるので安心できます。

国内・海外旅行損害保険

海外旅行中の死亡・後遺障害の場合や賠償責任の事故の保険金額は最高1億円です。
国内旅行の場合は最高5,000万円です。

他にも障害や疫病による治療費や、盗難に対する保険が充実しています。

航空機遅延保険が自動付帯

国内・海外の航空便の遅れで発生してしまった場合の費用が保証されます。

【例】
・出航遅延や乗継遅延…飲食代、宿泊代
・手荷物の遅延・紛失…衣類購入代など

保険金額は2万円~4万円です。
飛行機が遅れるトラブルに対応してくれるのは嬉しい魅力です。

ショッピングガード保険

保証期間内に購入した物が偶然の事故で損害を被った場合、最大500万円まで保証されます。

JCBゴールドカードのメリット

カードの基本情報や特徴をお伝えしましたが、具体的にどんなメリットがあるのか気になりますよね。

このカードには主に以下のメリットがあります。

・海外旅行に向いている
・即日発行可能
・ポイントの利用目的が選べる
・ポイントアップやカードのグレードアップのチャンスがある

これらを細かく解説していきます。

海外旅行に向いている

JCBゴールドカードの魅力の大きいところは、旅行に関する保険が手厚いことと、電話やポイントなどのサービスが充実している点です。

付帯保険は以下の4種類があります。
・海外旅行障害保険…最高1億円(自動付帯 ※一部利用付帯)
・国内旅行障害保険…最高5,000万円
・国内・海外航空機遅延保険…最高4万円
・ショッピングガード保険…最高500万円

海外旅行の傷害保険が最高1億円とかなり高額なのと、飛行機が遅れた時のための保険まで用意してくれているので、万が一の備えとして安心できます。

また、ラウンジも国内とハワイは無料で、世界のラウンジ1,100カ所ではUS32ドルで利用できるので、旅行や仕事で飛行機に乗ることが多いなら、メリットの大きいカードと言えます。

他にもゴールド会員専用デスクには24時間電話の問い合わせができるので、旅行中に保険のことで不安な点があれば答えてもらえるのも、嬉しい点です。

OkiDokiポイントは、海外の買い物でも付与されるので、海外旅行でカードが活躍できるシーンは多いでしょう。

ゴールドカードなのに即日発行

JCBのクレジットカードは、オンラインでの申込で審査が即日発行されるのが魅力ですが、JCBゴールドカードも即日発行の対象になります。

即日発行には条件があります。
・平日の午前11時までに申込が完了していること
・正午までに審査結果が出ていること

この条件を満たしていれば、最短で翌日にカードが自宅に到着します。
平日以外に申込をした場合は、翌営業日の審査になることと、北海道や長崎・沖縄など一部地域は翌日には届かないという点は注意が必要ですが、それでも他のカードに比べると早く入手できます。

急ぎでゴールドカードが必要な場合にも対応できるのは大きいメリットです。

ポイントの利用方法が多い

JCBゴールドカードの利用で貯まったポイントは、以下のように日常的な活用ができます。

・商品交換
・商品券に交換
・ポイントで買い物
・ポイントを他カードへ移行・チャージ
・カードの支払いでキャッシュバック

商品交換や商品券への交換以外にも活躍シーンが多いので、ポイント利用の選択肢が多いのがメリットです。

Amazonでの買い物

1ポイント=3.5円分

AmazonでJCBゴールドカードで買い物をすると、「パートナーポイントプログラム」に自動的に登録され、支払いにOkiDokiポイントが使えるようになります。

Amazonを使うことが多い人は、貯まったポイントを有効活用できるので、日常にアプローチした利用ができるのが嬉しい点です。

ANAのマイルへ移行

1ポイント=3マイル
500ポイント以上1ポイント単位で移行できます。

マイルは提携先のホテルや食事、レンタカーの利用に使えます。

日頃からマイルを貯めている人は、JCBゴールドカードの利用で貯めたポイント移行できるので、嬉しい使い道です。

nanacoポイントへ移行

1ポイント=1円

nanacoはセブンイレブンをはじめ、ケンタッキーしまむら、ENEOSなど利用できる店舗がふえました。
身近なお店で使えるので、普段の買い物が節約できます。

カード利用金額にキャッシュバック

1ポイント=3円分
1ポイント以上1円単位

OkiDokiポイントは毎月のカード利用合計金額の支払いから、ポイント分を差し引けます。
急な出費のときもポイントを月々の支払いに充てられるので、家計管理に役立ちます。

いくつか紹介しましたが、これらはほんの一例です。
他にも楽天ポイントへの移行や、スターバックスカードへのチャージ、商品券に交換もできるので、使い道が多く自分にとって良いものを選べるのが魅力です。

合計金額に対してポイント

クレジットカードのポイントは、買い物のたびに付与されることがあります。
買い物の都度ポイントがつく場合、端数は切り捨てです。

たとえば、1,000円(税込)に1ポイントなら1,000円未満の買い物なら、ポイントが付かないことにりますが、OkiDokiポイントは月々の合計金額に対してポイントが付くので、1,000円未満の買い物もポイントの対象になります。

また本体価格の金額がポイントの対象というカードがある中、税込み金額に対してのポイントがつくのもお得で嬉しい点です。

「JCBスターメンバーズ」でポイント倍率アップ

年間の利用額が一定金額以上を超えると、メンバーシップサービス「JCBスターメンバーズ」という特別な特典が受けられます。

この特典の対象になると、ポイントが最大で60%アップするので見逃せない特典です。

年間の利用金額
・300万円以上…25~60%アップ
・100万円以上…20~50%アップ
・50万円以上…10~20%アップ

使えば使うほどお得なサービスなので、ぜひ「JCBスターメンバーズ」の仲間入りをしたいところです。

アップグレードの招待を手に入れるチャンス

JCBゴールドカードを持つことで、さらに上のクラスのカードにグレードアップする可能性があります。

JCBゴールドカードを使用していて、一定の条件を満たした人にだけ招待されるカードがこちらです。

・JCBゴールドザ・プレミア
・JCBザ・クラス

この2種類のカードへのグレードアップで今までにない優待が受けられます。

JCBゴールドザ・プレミア

通常年会費が16,500円(税込)のところ、JCBゴールドカードと同じ11,000円(税込)で利用できます。年間100万円(税込み)以上の利用という条件付きですが、普段からクレジットの利用が多いと難しい金額ではありません。

このカードにグレードアップすると、無料で利用できる空港ラウンジが世界約1,300カ所以上に増えます。

他にも上質な人気ホテルが特別プランで宿泊できます。

JCBゴールドザ・クラス

このカードに選ばれた人だけの最上級サービスが用意されています。

旅行の手配や予約、レストランの案内など24時間365日相談に乗ってもらえる「ザ・クラスコンシェルジュデスク」がまるで秘書のような役割をしてくれるので、このカードにしかない特典です。

他にも年に1回好きな商品を無料で利用できる「ザ・クラスメンバーズ・セレクション」や、2名以上でレストランのコースの予約で1名分の料金が無料になる「グルメ・ベネフィット」のサービスがあります。

これらのカードにグレードアップすることで、「JSBスターメンバーズ」が最大70%ポイントアップになるので、もしチャンスが来ればこれまでよりもポイントがたまりやすくなります。

JCBゴールドカードのデメリット

魅力的なメリットはたくさんありますが、反対に弱点もあります。
JCBゴールドカードのデメリットも見ていきましょう。

国際ブランドがJCBのみ

国際ブランドがJCBしか選べないのが弱点といえます。

JCBは世界5大ブランドの中に入ってるので海外でも利用できますが、VISAやMastercardに比べると利用できる場所は少ないです。

海外ではVISAが圧倒的なシェア率なので、VISAを希望する人はJCBゴールドカード以外のカードの準備が必要です。

ただ、JCBは日本生まれの国際ブランドなので、旅行傷害保険や航空機遅延保険のように日本人の海外旅行に向けたサポートが充実しています。

シェア率は低くても、万が一のサポート面は安心なので、作っておくことには損はありません。

還元率が低い

カードのポイント還元率は全体的に1.0%以上のものが多いです。
しかし、このカードは0.1~0.5%と低いので、ポイント還元率で見ていくとデメリットに感じます。

JCBゴールドカードは還元率が低いですが、カードのグレードアップを狙ったり、JCBスターメンバーズを狙ったりすることでポイント倍率を上げていくことはできます。

ポイント還元率もしっかりしておきたいという方は、JCBゴールドカードを最低でも年間50万円利用し、還元率を上げていくことがポイントです。

以上のことをまとめますと、JCBゴールドカードはこういったことが言えます。

・年会費11,000円(税込)
・20歳以上で本人に継続安定収入があることが条件
・審査基準は明らかにされてはいないが、審査に通るためには、年収や勤続年数、クレジットの利用履歴をクリアしている必要がある
・オンラインの申込は即日発行に対応しており、年会費が初年度無料になるメリットがある
・ポイント還元率は他カードよりも低いがポイントの使用方法は身近なものが多いので、目的に合わせて使い方を選べる
・日本で生まれた国際ブランドなので、海外旅行の保険などのサポートが手厚い。専用の問い合わせデスクや空港ラウンジの利用ができるので、海外旅行も心強く安心できる
・還元率や国際ブランドのデメリットはあるが、海外旅行の保険が充実しているので作っておいて損はない
・即日発行できるゴールドカードは貴重

審査は一般カードよりも条件が厳しいですが、今はゴールドカードよりも上のプラチナカードやブラックカードがあるので、ものすごくハードルが高いというものではありません。

多重申し込みをしないことや勤続年数に気を付けているなどのポイントを押さえておくことが重要です。

JSBゴールドカードはデザインがシンプルで、見た目もおしゃれです。
一般カードにはない優待があるので、持っているとステータス性を感じます。

もしあなたが海外旅行や急ぎの目的でゴールドカードが欲しいのなら、JCBゴールドカードでワンランク上のカードライフを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

審査なしで即日発行できるクレジットカードは存在するの?ブラックでも学生でも作れるカードとは?

無職でもクレジットカードの審査は通る?その疑問にわかりやすく解説

クレジットカードの中で早く届くカードの発行日数と発行期間を解説!

家族カードを最短で入手する方法・即日発行は可能?

楽天カードの特徴と使い方|家族で便利に楽天Payを使ってみよう!

楽天カードの特徴と使い方|家族で便利に楽天Payを使ってみよう!

エムアイカードの審査・申込・発行までの流れを解説。エムアイカードは即日発行も可能なクレジットカード!

イオンカードのETCカードは即日発行可能?発行の方法と特徴などを解説

JCB CARD W plus Lはどんなクレジットカード?審査基準やメリットを解説!

このページの先頭へ