ローソンPontaプラスはどんなクレジットカード?評判や口コミ、メリット・デメリットを解説

ローソンPontaプラスの特徴は?発行するメリット・デメリットと審査基準を解説

生活圏内にローソンがあり、よく利用する人におすすめなのが「ローソンPontaプラス」です。ローソンPontaプラスは、ローソンでの利用はもちろん、他でもお得に利用できるクレジットカード。

今なら新規入会と利用で最大5,000ポイントがもらえるチャンス!

本記事では、ローソンPontaプラスの特徴や発行するメリット・デメリット、実際の申込方法や審査について紹介していきます。

ローソンPontaプラスってどんなクレジットカード?

ローソンPontaプラスとは具体的にどんなクレジットカードなのか、まずは特徴をチェックしてみましょう。

ローソンPontaプラスは年会費がかからず発行できる

クレジットカードによっては年会費のかかるものもありますが、ローソンPontaプラスは年会費が無料です。
初めてクレジットカードを持つ人でも、気軽に申し込める使いやすいカードとなっており、よくローソンに行くから、という理由で1枚持っておいても非常に便利に使えます。

ローソンのETCカードは1,000円の発行費用がかかる

ローソンではETCカードの発行も可能です。必要な方はローソンPontaプラスを申し込むときに同時に手続きを行いましょう。

ETCカードの新規発行費用は1,000円(税抜)かかるものの、年会費は無料です。
一度発行してしまえば、無料で使用できるので出張や旅行で高速道路をよく利用する人は、合わせて発行してみましょう。

ローソンPontaプラスはMastercardのみ!VISAを発行したい場合は?

ローソンPontaプラスの国際ブランドはMastercardのみとなっています。

万が一VISAを選択したい場合は、同じくローソンでの利用がお得になる「ローソンPontaカードVisa」を選びましょう。

ローソンPontaカードVisaはセゾンカードを発行している株式会社クレディセゾンが取り扱っているクレジットカード。そのためPontaポイントのほかにも永久不滅ポイントを貯められます。

ただしローソンPontaプラスで受け取れるキャンペーンが、ローソンPontaカードVisaの発行では受け取れない可能性も。

入会と利用で5,000ポイントもらえるキャンペーンも、ローソンPontaプラスのみの適用となっているため、お得に発行したいならローソンPontaプラスの発行がおすすめです。

ポイント還元率は1.0%と平均的

ローソンPontaプラスの基本的なポイント還元率は1.0%と他社のカードと比べても並の水準になっています。

主要クレジットカードとのポイント還元率比較
クレジットカード 還元率
ローソンPontaプラス 1.0%
JCBカード 0.5%
三井住友カード 0.5%
dカード 1.0%
楽天カード 1.0%

主要クレジットカードと比較すると、dカードや楽天カードなどの商業クレジットカードと同じ水準となっています。
ローソンでdポイントをお得に貯められるdカードも、基本の還元率は同じく1%となっています。

特に高還元率を誇るカードではありませんが、ローソンへよく行く方であれば、毎回の買い物でこまめにポイントをためることができるので、結果としてお得に利用できますよ!

年会費無料!お得にポイントが貯まる

ローソンPontaプラスのポイントの仕組みとお得に貯めるコツ

ローソンPontaプラスは、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100の利用でPontaポイントを貯められます。

クレジットカード払いを利用すれば自動でポイントが貯まっていきますが、他のカードとは違った特徴も。

ローソンPontaプラスを最大限に活かすには、ポイントをお得に貯めるコツを知っておくのが大切です。

ローソンで使うとポイント還元率が2%

ナチュラルローソンやローソンストア100を含めたローソン店舗での支払いにローソンPontaプラスを使うと、還元率が最大で2%に上がります。

ローソンのポイントカードである「Pontaカード」を利用して現金払いするときの2倍以上の還元となるため、ローソンを毎日利用する人はローソンPontaプラスを発行する方が圧倒的にお得です。

Pontaカードで貯めたポイントをまとめることが可能!

ローソンPontaプラスのカードを作るにあたり、これまで使っていたPontaカード内のポイントは無駄になるのか、気になる方もいるでしょう。

Pontaカードに貯まっているポイントはローソンPontaプラスへ移行可能です。移行は公式サイトで簡単にできるので、統合前のPontaカードを用意しておきましょう。

ローソンを利用した時間で還元率が変動する

ローソンPontaプラスでポイントを貯める際に注意しておきたいのが、ローソンを利用した時間で還元率が変動する点です。

セブンイレブンのセブンカード・プラスや、ファミマTカードのように、常時ポイント倍率が同じわけではなく、支払いを行った時間で貯まるポイントの倍率が変わります。

ローソンの利用で貯まるポイント
0時0分から15時59分まで:200円(税抜)ごとに2ポイント(還元率1%)
16時00分から23時59分まで:200円(税抜)ごとに4ポイント(還元率2%)

ローソンで1,000円分の買い物をしても、朝や昼間では10ポイントしかたまりませんが、夕方や夜間に買い物すると倍の20ポイント貯まる計算です。

つまりローソンPontaプラスを最大限お得に利用するには、16時~23時59分までの夕方・夜間を狙ってローソンで買い物するのが最もお得になります。

同じ買い物をするにしても、時間帯を選ぶだけでポイントが倍になるのでかなりお得です。買い物に行く時間を選べるのであれば、ポイントが倍つく時間帯にローソンへ行くのがおすすめ。仕事帰りに立ち寄れば、ポイントが効率よくたまります。

ちなみにローソン以外の店で支払いに使う場合、200円(税込)ごとに2ポイントが貯まります。還元率としては同水準ですが、他店の場合は「税込」というところがポイントです。

Loppiお試し引換券で還元率が最大3倍

ローソンPontaプラスで貯まったPontaポイントは、次のような使い方が可能です。

  • ローソンでの買い物に利用する
  • Pontaポイントの提携店で利用する
  • Loppiでお試し引換券に変える

ローソンで最もお得に利用できるのは、ローソン店内に設置してある「Loppi」でお試し引換券に変える方法です。

ローソンではPontaポイントを「お試し引換券」と呼ばれるレシート上の引換券に変更できるサービスを行っており、お試し引換券を使うと、ローソンで販売されているお茶やお酒、お惣菜、お菓子、カップ麺などの商品と交換することができます。

ポイントを使った交換レートは1ポイント=1.5~3円と商品により様々。還元率は最大3倍となるため、ローソンでの支払いにそのまま利用するよりもお得に商品を購入できます。

たとえばローソンでポイントを使って通常の買い物をした場合、100円のドリンクを買うのに100ポイント使いますが、代わりにお試し引換券を使えば、同じ商品が33~67ポイントで手に入れられます。

お試し引換券で変えられる商品は期間によって異なります。
ポイントで買い物をする前に、まずはお試し引換券の対象商品をチェックして、欲しい商品がないか確認してみましょう。

お酒類の選択肢も多いと評判なので、お得に仕事後の一杯を自宅で楽しめるかもしれません。

JALマイルに手数料無料で交換できる

ローソンPontaプラスで貯めたPontaポイントは、2ポイントごとに1JALマイルへ交換可能です。

交換のための手数料は無料なので、海外旅行や出張が多い人は積極的に利用したいところ。
他社のポイントでは、ある程度まとまったポイント数がないとマイルへ変えられないことも多いですが、Pontaポイントは2ポイントごとにこまめにJALマイルへ交換できるので、融通が利きやすい点もメリットです。

無料の「JMB×Ponta会員」に登録し、JALのマイルとPontaポイントの相互交換を実践してみましょう。

年会費無料!お得にポイントが貯まる

ローソンPontaプラスを発行するメリットは?

ローソンやPontaポイントの提携店でお得に利用できるローソンPontaプラスですが、クレジットカードとしての機能も非常に魅力的です。

ここからはポイント還元以外のメリットについて深堀りしていきます。

apple pay対応でスムーズに会計できる

ローソンPontaプラスはapple payに登録可能です。レジでもわざわざクレジットカードを出さずに支払い可能なので、コンビニでも後ろを気にせず会計できます。

iPhoneのApple Payにて、ローソンPontaプラスを決済カードとして登録した後、ローソンPontaプラスをPontaカードとしてApple Walletへ登録しましょう。

参考:Apple Wallet追加方法|Ponta Web

PayPayなどのキャッシュレス決済とは違って、Pontaポイントを貯められるのは大きなメリットです。

ショッピング保険が付帯されている

ローソンPontaプラスには、ショッピング保険が付帯されています。
国内外に関係なく、ローソンPontaプラスで買った品物の破損および盗難などの損害を、購入日より90日間、年間限度補償額100万円まで補償してくれるので安心です。

なお、自己負担額は事故1件あたりにつき3,000円となっています。

保険を利用できる条件は、支払方法を購入時に分割払い・リボ払いで指定した時と、登録型リボ「楽Pay」に登録し、さらにローソンPontaプラスで購入した時に限ります。

国外で買い物をした場合は、一括もしくは分割など支払い方法に関係なく補償されるので、海外旅行や出張時にローソンPontaプラスを使うと万が一の時も心配無用です。

ユナイテッド・シネマの割引クーポンが利用可能

ローソンPontaプラスは、ローソン利用以外に映画好きの方にもおすすめのカードです。本カードの会員であればユナイテッド・シネマの割引クーポンが利用可能となり、一部の例外を除きいつでも1,500円で映画を鑑賞可能。

映画チケットを通常購入した場合は大人一人1,800円(税込)となっているので300円ほどお得に利用できます。映画をよく観る人はぜひ発行を検討してみましょう。

ローソンアプリで無料クーポンが貰える

ローソンPontaプラスの会員になれば、会員限定の無料クーポンを手に入れられます。

カードを手に入れたら、スマホにローソン公式アプリをダウンロードしてみましょう。無料クーポンを使って、毎月一つ、ローソンの商品を無料で試すことができます。

過去には「プレミアムロールケーキ」や「チョコクランチエクレア」など人気の商品が対象になったことも。今後どんな商品が貰えるのか、公式サイトでチェックしてみると楽しみが増えるかもしれませんね。

Hotels.comの割引クーポンが利用可能

ローソンPontaプラスの会員であれば、特別にHotels.comの割引クーポンを利用できます。
Hotels.comでは、日本国内だけでなく、海外200カ所以上の国と地域にある宿泊施設を予約することができ、国内外のホテルで10泊すると1泊無料となるサービスも実施しています。

ローソンPontaプラスの会員は国内外にあるホテルが8%OFFになる割引クーポンが手に入れられるほか、10泊ためると1泊ボーナスの特典だけでなく、ローソンPontaプラスでの決済でさらに4%OFFとなるクーポンもついてきます。これを利用して、お得に旅行を楽しんでみましょう。

年会費無料!お得にポイントが貯まる

ローソンPontaプラスで気になるデメリットは?

ポイントは貯まりやすいローソンPontaプラスですが、利用シーンによっては物足りなさを感じてしまうことも。
ローソンPontaプラスで気になるデメリットを紹介していきます。

どんなクレジットカードにもデメリットはつきものです。メリットとデメリットを冷静に見比べて、申し込みを検討してみましょう。

旅行保険が付帯されていない

ローソンPontaプラスには、ショッピング保険こそ付いているものの、国内外の旅行で使える傷害保険が付帯されていないので要注意です。
旅行中の万が一の事故やケガには備えられないため、どうしても旅行保険が必要な場合は、旅行保険が付帯しているクレジットカードを選ぶのがおすすめでしょう。

電子マネーチャージでもポイントが還元されない

電子マネーをチャージする際にローソンPontaプラスを使いたいという方もいるでしょう。もちろんチャージはできますが、チャージによるポイントは還元されません。

セブンイレブンが発行しているセブンカードプラスは、電子マネーnanacoへのクレジットチャージでもポイントを貯められるため、そういった点では一歩及ばずといったところ。

ちなみにローソンPontaプラスで支払ってもポイントが還元されないのは以下のケース*です。

キャッシング、カードローン、各種手数料
楽天Edyチャージ利用分
モバイルSuica、SMART ICOCA利用分
nanacoクレジットチャージ利用分
au PAY残高チャージ利用分
ウェブマネー利用分

(引用元:*参照元:ローソン銀行「Pontaポイントをためるには」

ローソンPontaプラスの申し込み方法と発行するまでの流れを紹介

気になるローソンPontaプラスの申し込み方法ですが、ローソンの店頭では申し込みができず、インターネットでの申し込みのみとなっています。
具体的な申し込み方法と、手に入れるまでの流れを見ていきましょう。

ローソンPontaプラスの公式サイトから申し込む

ローソンPontaプラスに申し込む流れは次のとおり。

  1. 公式サイトから申し込む(ローソン銀行のサイトへ遷移)
  2. 必要事項を記入する
  3. 審査結果を待つ
  4. 郵送でカードが届く

ローソンPontaプラスの申し込み時は、必要項目数が公式サイトに表示されるので非常に便利。
スムーズに進めば最短5分で申し込みを完了できます。

申し込みを進めると引き落とし口座をそのまま登録可能です。

ローソン銀行に口座がなくても、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などといった他行の口座を指定できるので安心しましょう。カードを作るためにわざわざローソン銀行で口座開設をする必要はありません。

申込内容を確認したら申し込み完了です。後に審査結果が知らされ、無事に通過すれば最短で3営業日でカードが自宅まで発送されます。申し込んでから手元に届くまでの日数が短いのも嬉しいですね。

ローソンPontaプラスの審査基準は?発行するための条件

クレジットカードは申し込むと審査がありますが、ローソンPontaプラスの審査基準は厳しいのか、その逆なのか気になるところです。ここでその審査基準についてチェックしてみます。

公式サイトを見ると、申し込み条件は以下の2点。

  • 満18歳以上
  • ご本人または配偶者のいずれかに安定した収入のある方

高校生以外の18歳以上の方で、一定収入がある、もしくは結婚していて配偶者の収入がある主婦であれば、審査に通過できるでしょう。

申し込み条件は非常にシンプルで、かつ最短3営業日で発行されるため、銀行系のクレジットカードに比べると審査通過は難しくないといえます。

初めてのクレジットカードとして発行してみるのもおすすめですよ!

ローソンPontaプラスの最新キャンペーン情報!

ローソンPontaプラスでは、期間により様々なキャンペーンを行っています。
現在、新規申し込みで受けられるキャンペーンは以下のとおりです。

抽選で1,000名に10,000Pontaポイントプレゼント
ローソン✕銀魂コラボ クレジット決済の利用金額に応じてグッズプレゼント

ローソンはアニメやマンガとのコラボも多いのが特徴。人気のマンガとのコラボも頻繁に行われるため、好きなマンガのキャンペーンが行われているタイミングで発行してみるのもおすすめですよ!

キャンペーンでポイントプレゼント!

関連記事

ルミネカードを即日発行する方法

ルミネカードは即日発行できない?即日発行できる方法を完全分析

審査が早いクレジットカード

すぐ作れる審査早いクレジットカードのおすすめはどれ?発行早い順にまとめてみた!

コンビニでクレジットカードは使える?

コンビニでクレジットカードを使うには?利用がお得になるカードと買えないものをピックアップ

顔写真付きのクレジットカードで即日発行できるものはある?

顔写真付きのクレジットカードで即日発行できるものはある?

エムアイカードの審査をわかりやすく解説!

エムアイカードの審査をわかりやすく解説!審査基準や難易度について

ビックカメラSuicaカードを即日発行する方法は?

ビックカメラSuicaカードを即日発行する方法は?特徴と評判まとめ

ACマスターカードの審査に通りたいなら知っておきたいこと

ACマスターカードの審査は甘い?落ちないために知っておくべきこと

即日発行できるデビットカードを紹介!おすすめカードと発行期間は?

デビットカードを即日発行するには?おすすめカードと発行日数まとめ

このページの先頭へ