無職でもクレジットカードの審査は通る?その疑問にわかりやすく解説

クレジットカードはキャッシュレス決済でお得な特典があり、また会計もスムーズなのが魅力です。

しかし、無職の自分がクレジットカードを作れるのか気になりますよね。

ニートのような無職の方もいれば、勤めていた会社を辞めて突然無職になった方もいるでしょう。
または、これから会社を辞めてフリーランスで働こうと考えている方もいるかもしれません。

いずれにせよ、今の自分がクレジットカードが作れるのか不安に感じると思います。

・無職でもクレジットカードを作れるのか
・クレジットカードの審査基準
・申込書の書き方のコツ
・審査の内容
・無職でも申込ができるおすすめカード

クレジットカードを作りたいけど難しい話が苦手!という方にもカンタン分かりやすく解説していきます。

 

【PR】即日発行するならACマスターカード!

こちらはクレジットカードになりデビットカードとは異なりますが、即日発行ができるカードになります。すぐにクレジットカードが必要な場合は申し込みしてみましょう。

・最短即日!スピード発行!

・国際ブランドのマスターカードのクレジット機能

・年会費無料

>>詳しくはこちら<<

※受け取りの自動契約機の営業時間:9:00~21:00/年中無休(年末年始は除く)
一部店舗は営業時間が異なります。

 

 

 

 

 

 

無職でもクレジットカードの審査が通る可能性はある

「無職」というと専業主婦(主夫)のように、外に働きに言っていない人を想像するかと思いますが、世間のイメージの無職と、クレジット会社のいう無職は若干のズレがあります。

外に働きに出ていなくても、別の形で収入がある場合は、クレジット会社のいう「無職」には当てはまりません。

例えば以下のような方は、クレジットカードに申込ができます。

・一緒に住む家族に収入がある方
・アルバイトなどの収入がある方
・年金をもらっている方
・家賃収入がある方
・自営業やフリーランスで収入がある方

「クレジット」とは信用のことをいいます。

「あなたは収入もあってきちんと返してくれそうだから、代わりに支払いするね。でも信用して貸したわけだから、きちんと返してね」

クレジットカードをカンタンに説明するとこのような意味合いです。

あなたの今の状況が、以下のように毎月お金を支払えるアテがあるなら申込はできますし、審査も通る可能性はあります。

専業主婦(主夫)や学生

専業主婦(主夫)って仕事してないよね?と思いますよね。
しかし、本人に収入が無くても、一緒に暮らす夫や妻に安定した収入があれば、支払いができるので申込ができます。

学生も同様で、親の扶養(養ってもらっている)に入っていれば、支払いは親の収入ということになります。

申込事項に「18歳以上(高校生を除く)」や「専業主婦(主婦)可」と書かれているカードの申込ができるので、申込前に確認しておきましょう。

また18歳以上でも未成年(20歳未満)の場合は親の同意が必要なので、親に内緒で作ることはできません。

アルバイトやフリーター

会社員でなくても、アルバイトやパートで少しでも収入があるなら申込ができます。

年金受給者

仕事をしていなくて老齢年金や障害年金を受給している場合、定期的な収入があるので申込ができます。職業欄に「年金受給者」という項目があるので、そちらを選択してください。

家賃収入

実際に本人が働いていなくても、家賃は定期的な収入なので、申込ができます。
職業欄は「不動産収入がある方」や「自営業」を選択しましょう。

自営業やフリーランス

安定していないと思われがちな自営業でも、収入があり、税金を収めていれば申込ができます。

上記に当てはまらない場合は派遣会社へ登録

どれにも当てはまらない方が、職業欄に「無職」と記入してしまうのはリスクがあります。
なるべく「無職」は避けたいので、派遣会社へ登録しておくことをおすすめします。

これらは収入に当たりますが、ギャンブルのような不確実な収入は安定した収入とはみなされません。

クレジットカードの審査は何を基準にしているの?

クレジットカードの審査は一体どんなことをしているのか気になりませんか?
少しでも審査に有利にしたいと思うとなおさらかと思います。

審査基準をカンタンに解説していきますね。

クレジットカードを作る時のおおまかな流れ

まず、クレジットカードを作る時の流れはこちらです。

①申し込むカードを決める
②カード申込書をクレジット会社へ送る
③クレジット会社の審査
④審査が通るとクレジットカード発行

申込は条件を満たしていれば誰でもできますが、クレジットカードは審査が通らないと手に入りません。

審査で重要視されるものは、クレジット会社やカードの種類によりさまざまですが、ここでは一般的に見られる点を説明します。

審査基準①支払い能力があるか

クレジット会社が一番知りたいのは、きちんと返済してくれるかどうかです。
無職でも扶養に入っていたり、年金や家賃収入など別の形で十分な収入があるかどうかが審査基準のひとつです。

審査基準②年収が一定額以上か

月々の収入があっても金額が低いと、年収は低くなります。
審査基準の一つとして、年収がいくら以上あるかを見られるでしょう。

審査基準③会社に所属しているか

申込書に記入した会社に、本当に在籍しているのか確認の電話がいきます。
嘘の会社や電話番号を書くと、在籍確認の電話でばれてしまうので、信用を落としてしまい、審査が通らない可能性があります。

審査基準④ブラックリストに載っていないか

「個人信用情報機関」というところに、今までのクレジットカードの利用履歴、消費者金融や銀行との取引履歴が残っています。

もし今までに、支払いを溜めてしまったり、返済ができなかったりという経験があれば、審査は厳しいでしょう。

申込書はどんなことを書くの?書き方のポイントを解説

クレジットカードをまだ作ったことがない方は、申込をするのもわからないことだらけで不安ですよね。
初めての方向けにも、どのようなことを聞かれるのか申込の内容から説明します。

申込で書く内容

まず、申込用紙で書く基本的な内容はこちらです。

・名前や住所、電話番号などの個人情報
・職業
・勤務先
・年収
・賃貸か持ち家か
・他社借入
・キャッシング枠の設定

名前などの個人情報は、正しく記入してください。
携帯電話と固定電話の両方がある場合は、どちらも記入した方が、逃げられる心配も減るので信用度が増します。

なるべく無職とは書かない

申込用紙の職業欄はこの中から選ぶことが多いです。

・会社員
・公務員
・自営業・自由業
・嘱託・派遣社員
・パート・アルバイト
・年金受給者
・不動産・利子配当による収入がある
・専業主婦(主夫)
・学生
・その他(家事手伝いなど)
・無職

取り扱う会社によって、もっと細かく分類されていたり、逆にざっくりしていたりしますが、その中から自分に当てはまるものを選択します。

この時に、なるべく無職は選択せずに、少しでも収入があれば「パート・アルバイト」、扶養されていたら「専業主婦(主夫)」や「その他(家事手伝いなど)」、年金をもらっているなら「年金受給者」を選択しましょう。

嘘を書かない

嘘を書いてばれてしまうと、審査が落ちてしまったり、運よく審査が通っても強制的に解約にされたりします。

一度、そのようなことが起こればブラックリストに載ってしまい、信用情報に傷がつき、審査を通すのは難しくなります。

ばれなきゃ大丈夫!と思うかもしれませんが、きちんとばれる仕組みになっているのです。

たとえば職業をごまかして書いても在籍確認などでばれてしまいます。

また、年収もごまかすのは良くありません。
細かい年収はなかなかわからないという方も多いとは思いますが、10万円~20万円の差ならまだ誤差の範囲です。

しかし、大胆に50万円~100万円単位で多く見積もってしまうと、虚偽申告になります。

勤務先や雇用形態・年齢などからだいたいの年収は予測されるので、あまりに大幅な差額は見破られてしまう可能性があります。

また、賃貸なのに持ち家と書くのもNGです。
住宅ローンがあるかどうか調べられてしまうので、嘘というのがわかってしまうでしょう。

持ち家だから審査に有利というわけではありませんし嘘は信用されませんので、ごまかさずに書きましょう。

キャッシング枠はつけない

申込時に、キャッシング枠をつけるかどうか選択する欄があります。

キャッシング=現金を借りること

つまり借金です。

現金を借りる上限金額をキャッシング枠といいます。

たとえばキャッシング枠が30万円なら、最大30万円まで現金を借りられるということです。

このキャッシング枠は、カードの申込時に記入をするのですが、このキャッシング枠をつけない(0円に設定)することで、審査が通りやすくなります。

キャッシングを必要としている人は、お金に困っている人です。
お金に困っているということは、クレジット会社からすれば返済されないリスクを負うことになります。

貸したお金を返してくれなさそうと判断されては、審査に落ちてしまうので、キャッシング枠をつけない方が無難です。

無職でも申込できるおすすめクレジットカードを紹介

クレジットカードによって、審査する項目の数や、申込ができる条件が違います。

審査が厳しいカードは「25歳以上」というように年齢の制限や「安定した収入がある方」というように申込の時点でふるいにかけています。

逆を返せば、これらが書いていないカードに申し込むと、審査に通る可能性が上がるでしょう。

イオンカード(WAON一体型)

【イオンカードの特徴】

・年会費:無料

・申込条件:18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方

・家族カード:無料

・国際ブランド:VISA・JCB・Mastercard

・還元率:0.5%

・未成年は親権者の同意が必要。後日確認の電話があり

・電子マネーWAONが使える

・イオンお客様感謝デーなどでお得に買い物ができる

イオンカードの申込条件は「18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方」となっています。

【イオンカードの職業欄】

・会社員・公務員
・派遣・パート・アルバイト
・学生
・自営業
・専業主婦(主夫)
・年金受給者

少しでも働いた収入があるなら「派遣・パート・アルバイト」、フリーランスは「自営業」を選択すると良いでしょう。

専業主婦(主夫)は、配偶者の収入を記入する欄があるので、そちらを記入してください。

イオンカードは、イオンやマックスバリュなどで買い物でポイント2倍になり、大変使いやすくお得なのでおすすめです。

公式HP
https://www.aeon.co.jp/application/aeoncardwaon/?tmid=aeoncardwaonlp_cvbtn_aeoncardwaon

リクルートカード

【リクルートカードの特徴】

・年会費:無料

・申込条件:18歳以上(高校生を除く)

・家族カード:無料

・国際ブランド:VISA・JCB・Mastercard

・還元率:1.2%

・海外旅行障害保険:最高2,000万円

【リクルートカードの職業欄】

・会社役員・団体役員
・会社員・団体職員
・公務員
・個人事業主・自営業
・パート/アルバイト
・派遣・嘱託・契約社員
・主婦/主婦
・年金受給者
・無職
・その他

職業の欄に「無職」がありますが、なるべく他の欄に該当した方が良いでしょう。

リクルートカードの魅力は、還元率の高さと、旅行保険が充実している点です。
無職で申込ができて、旅行保険もついているなんて素晴らしいですね。

公式HP
https://recruit-card.jp/basic-card/?campaignCd=crda0001

楽天カード

【楽天カードの特徴】

・年会費:無料

・申込条件:18歳以上(高校生を除く)

・家族カード:無料

・国際ブランド:VISA・JCB・Mastercard・AmericanExpress

・還元率:1%

・海外旅行障害保険:最大2,000万円

【楽天カードの職業欄】

・お勤めの方(家賃収入など含む)
・学生の方
・年金受給者の方
・お勤めされていない方

だいぶざっくりした項目ですが、この「お勤めの方」には、派遣社員・アルバイト・パート・自営業・家賃収入などの収入がある方も含まれています。

どこにも当てはまらない方は「お勤めされていない方」を選択します。

楽天カードはオンラインの申込限定です。
職業を選択後、配偶者の年収や世帯の年収を入力する画面があるので、そちらを入力してください。

楽天カードは楽天市場や楽天トラベルなどのサービス利用でポイント倍率がアップするのが魅力です。
楽天市場の「楽天DEAL」対象の商品を購入すると最大50%分のポイントが還元されます。

貯まったポイントは楽天市場での買い物や、楽天e-naviでクレジットの支払いに使えます。

ポイントが貯まりやすく、支払いのやりくりに便利なカードです。
既に楽天市場を利用しているなら、ぜひ作っておきたい一枚ですね。

公式HP
https://www.rakuten-card.co.jp/?l-id=corp_oo_gnav_top_pc

AmazonMastercardクラシック

【AmazonMastercard クラシックの特徴】

・年会費:初年度無料(次年度以降税込1,375円)

・申込条件:20歳以上

・家族カード:無料

・国際ブランド:Mastercard

・還元率:1%

【AmazonMastercard クラシックの職業欄】

・会社員・会社役員
・公務員
・医師・弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・一級建築士・大学教授
・自営業・自由業(不動産収入のある方を好む)
・年金受給者
・アルバイト・パート・契約社員
・派遣社員
・無職
・学生

Amazon利用でポイント1.5%付与、プライム会員ならポイント2倍なのがうれしい魅力です。
ポイントは自動的にアカウントに加算されるので、交換の手間がありません。
Amazonをよく利用するのなら、ぜひおすすめしたいカードです。

大丸松坂屋カード

【大丸松坂屋カードの特徴】

・年会費:初年度無料(次年度以降税込1,100円)

・申込条件:18歳以上(高校生を除く)・安定した収入のある方、その配偶者

・家族カード:無料

・国際ブランド:VISA・Mastercard
・還元率:0.5%

・海外旅行障害保険:最大2,000万円

【大丸松坂屋カードの職業欄】

・会社員・会社役員
・公務員
・医師・弁護士・司法書士・税理士・一級建築士・大学教授
・自営業・自由業(不動産収入も含む)
・派遣社員
・アルバイト・パート・契約社員
・年金受給者
・無職(定期収入がない)

申込条件に「安定した収入」とはありますが、その配偶者もOKなので、専業主婦(主夫)も申込できます。
無職だと、安定した収入がないとみなされてしまうので、家族の扶養に入るか、派遣会社へ登録することをおすすめします。

公式HP
https://www.jfr-card.co.jp/card/standard/

セゾンカードインターナショナル

【セゾンカードインターナショナルの特徴】

・年会費:無料

・申込条件:18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方

・家族カード:無料

・国際ブランド:VISA・JCB・Mastercard

・還元率:0.5%

【職業欄】

・会社員・公務員・役員
・自営業・個人事業主・フリーランス
・契約社員・派遣社員・アルバイト・パート
・学生
・配偶者収入(本人収入無し)
・年金・不動産による収入
・利子配当による収入
・その他(家事手伝いなど)

専業主婦(主夫)や無職の方も申し込めて、即日発行が可能なカードです。
オンラインで申し込みをし、審査結果が出てOKが出たらお近くのセゾンカウンターで受取ができます。
郵送の場合は数日かかりますが、急ぎでカードが欲しいときに選びたいカードです。

セゾンカードの魅力は「永久不滅ポイント」です。
有効期限で消えることなく貯められるのがうれしいメリットでしょう。

公式HP
https://www.saisoncard.co.jp/lineup/cp/?sd=X33&mi=9090001&=dropdown

エポスカード

【エポスカードの特徴】

・年会費:無料

・申込条件:18歳以上(高校生を除く)

・家族カード:なし

・国際ブランド:VISA

・還元率:0.5%

【職業欄】

・会社員・職員・役員
・公務員
・自営業・個人事業主・フリーランス
・大学生・大学院生
・短大生・専門学校生
・専業主婦(本人収入なし)
・契約社員・嘱託社員・派遣社員・アルバイト・パート
・年金受給者
・その他(家事手伝いなど)

職種が細かく設定されているので、無職でも自分に当てはまる項目がありそうですね。
エポスカードはの還元率は通常0.5%ですが、マルイ店舗の利用で1%になるのでお得に使えるので日常使いに便利です。

こちらもオンラインからの申込で即日発行が可能です。受取はマルイ店舗になります。
郵送では数日かかるので、早く欲しい方は店舗受取をおすすめします。

公式HP
https://www.eposcard.co.jp/cm2014/index.html?int_id=top_clup_rp

審査に通らなかった場合におすすめの方法

無職でも申込ができるカードをいつくか紹介しましたが、かならず審査が通るとは限りません。

審査が通らず、クレジットカードが手に入らなかった場合のおすすめの物を紹介します。

家族カード

家族カードは、既にクレジットカードをもっている家族がいると作れるカードです。
既に発行されたカードが「親カード」、家族カードは「子カード」となります。

先ほど紹介したカードも家族カードを発行しており、エポスカード以外は無料で作れます。

家族カードは審査がないことがほとんどで、使える機能も親カードと変わりありません。

デビットカード

クレジットカードはカードを使って買い物をすると、後日ひと月分まとめた請求がきて銀行口座から引かれます。

これに対してデビットカードは、買い物をすると即座に自分の銀行口座から引き落としされます。

デビットカードもVISAなどの国際ブランドをつけられるものがあるので、VISA加盟店ではどこでも使えるので非常に使い勝手が良いカードです。

自分の口座に残金がないと使えないので、使いすぎる心配がありません。

まずは、自分の持っている口座の銀行でデビットカードを作れないかチェックしておくと良いでしょう。

プリペイドカード

プリペイドカードもクレジットカード代わりのキャッシュレスに有効です。
後払いのクレジットカードに対し、プリペイドカードは前払いになります。

買い物前に、プリペイドカードにお金を入金(チャージ)して使う仕組みです。

電子マネーも同じ仕組みですが、電子マネーは利用できる店舗が限られてしまいます。

しかし、プリペイドカードで国際ブランド付きのものを選ぶと、その国際ブランドを対応している店舗ならどこでも使えるので、活躍する場面が増えるでしょう。

審査もなく使えるので、クレジットカードの代わりにキャッシュレスができる便利な方法です。

以上をまとめると、以下のようになります。

・無職でもクレジットカードの審査が通る可能性はある
・申込時はなるべく「無職」を選択しないことと、嘘を書かないこと
・申込条件に年齢制限や安定した収入などと、厳しい項目書いていないカードを選ぶこと
・家族カード、デビットカード、プリペイドカードは審査が無いので、おすすめ

クレジットカードは返済のアテがある人が作れるカードです。
収入の形は人それぞれですが、毎月の収入があれば作れる可能性はあります。

クレジットカードはお金のやりくりにも役立ちますが、還元率やポイントをお得に貯められるのと、スマートな会計が魅力です。
ぜひ、自分に合ったカードを見つけてみてください。

関連記事

Amazonで買い物をするならJCBカードWがおすすめ!他のおすすめカードも紹介

ACマスターカードを即日発行する手順とメリット・デメリットを解説!作るべき人はどんな人?

JCB カード W(JCB CARD W)の審査は大変?審査に落ちた方の特徴や審査基準を解説!

三井ショッピングパークカードの作り方|即日発行の手順【ららぽーと系列】

Amazonのクレジットカードの2種類の違いはなに?お得に利用できるクレジットカードを紹介

クレジットカードの中で早く届くカードの発行日数と発行期間を解説!

学生におすすめのクレジットカードは?審査や作り方について解説!

セディナカードは即日発行可能なカード?セディナカードのメリットとは?

このページの先頭へ