楽天カードの特徴と使い方|家族で便利に楽天Payを使ってみよう!

楽天カードは、楽天市場などでお得にポイントが貯まるクレジットカードです。家族カードの場合は、年会費永久無料で、楽天カードポイントPay(楽天Payアプリとは別物)での支払いは可能です。

楽天カードの特徴と基本

ここでは楽天カードの共通事項、特徴、基本となる内容を解説します。

楽天カードの詳細まとめ

まずは、楽天カードの詳細、特徴を表でまとめます。
※楽天Payアプリ等のダウンロードは無料です。

 

年会費永年無料
ポイント還元率1~3%以上
楽天ポイント交換楽天ポイント1ポイント1円
ポイント交換先ANAマイル他
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/American Express
対応楽天Edy/ETCカード/家族カード
盗難補償有料オプション
アプリ楽天e-NAVI
【ETCカード】年会費税込550円
【家族カード】年会費永年無料
【家族カード】発行枚数5枚まで
利用可能枠~100万円
キャッシング機能あり

 

 

楽天ポイントについては公式発表では1~3%程度となっていますが、楽天のさまざまなサービスや、楽天カードの支払口座を楽天銀行口座に設定するなどの工夫で、ポイント加算率が高くなります。楽天市場での買い物が多い方ほど、楽天カードの発行でお得にポイントを貯蓄・消費できます。

ETCカードの利用に年会費が税込550円かかるため、楽天ポイントなどを貯めておいて追加支払いを実質しなくても済むように活用するのがおすすめです。一般の楽天カードではクレジットカードの利用可能額が多くても100万円なので、家族カードを発行して使う場合には金銭面の連携が必要です。

楽天カードポイントPayの使い方

楽天カードの家族カードを持っている方は、楽天e-NAVIを家族カードそれぞれにインストール、事前に設定できます。この「楽天e-NAVI」にて、楽天カードポイントでの支払いができるように設定しておけば「楽天ポイント」を使用して、楽天Payと似たような形で決済ができます。

この楽天カードポイントPayは全額使用しなくてもよく、お支払いの一部だけ支払うこともできます。

【決済例】
お買い物をした際、支払うべき金額が4,500円だった場合、

500円を楽天カードポイントPayで支払い
残り4,000円を楽天カード(家族カード)で支払い

というように分けて支払うことができます。

もちろん、楽天e-NAVIで使って良いポイントが、支払うべき金額よりも多く設定してもらえており、家族間でポイントを使って良いと承認があれば、楽天ポイントのみでの決済もできます。

楽天ポイントでの支払い時にも100円1ポイントが貯まりますので、楽天経済圏での利用には非常にお得です。

楽天Payの使い方

楽天Payには本人の楽天カードは設定できますが、家族カードなどは登録できません。楽天Payを家族それぞれ別々に利用したい場合には、各自楽天カードを申し込み発行する必要があります。

先述の通り、楽天カードの家族カードでは、楽天ポイントを使用した「楽天カードポイントPay」は利用できますが、楽天ポイントが貯まっていないと使えないため制限はあります。

楽天Payは、オンライン決済としても活躍し

FOD
TOHOシネマ
ドミノ・ピザ
BUYMA
東急百貨店

などでの決済に利用可能です。楽天Payで支払う場合、各サービスに対してクレジットカード番号を登録しなくて済み、決済のたびに番号を入力する手間も減らせて安全性が増します。貯まっている楽天ポイントがあれば、そのポイントを支払いに利用できるため、ポイントさえ貯まっていれば大幅にお得になります。

楽天Payを使えるショップ

楽天Payと楽天カードを連携させておけば、全国のさまざまな連携店舗で、楽天カードを見せることなく、楽天Payでスマホ決済、キャッシュレス決済ができます。

コンビニ各社で使用可能

全国のコンビニで楽天Payを利用できます。

KIOSK
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
セイコーマート

など、使えないコンビニを見つけるほうが難しいほど対応しているので、コンビニでの買い物も楽天Payがおすすめです。

スーパーマーケットでも使用可能

楽天Payは全国のスーパーマーケットでも利用可能で

イトーヨーカドー
SEIYU
ベイシア
ヒラマツ(和歌山周辺)
サンリブ(九州&中国地方)

などの地域密着型スーパーマーケット、全国展開のスーパーマーケットで使えて、ポイントも貯まります。各スーパーマーケットで貯められるポイントカードと、楽天カード、楽天Payで貯まるポイントをダブルで貯められますので、非常にお得です。

ドラッグストア各社でも利用可能

全国のドラッグストアでも楽天Payを利用でき

ウェルシア
サンドラッグ
ツルハドラッグ
キリン堂
クスリのアオキ

などでポイントを貯められます。こちらの場合も、ドラッグストア各社のポイントと、楽天カードのポイントをダブルで貯められるため、賢く使えば非常にお得です。

その他、飲食店、居酒屋、家電量販店などでも楽天Payを利用できるため、よく使う店舗が対応しているかどうか事前に確認の上、楽天Pay、楽天カードを最大限活用しましょう。
https://pay.rakuten.co.jp/shop/?l-id=int_top_shop

楽天カードは楽天Payと合わせて使う

楽天カードは、そのまま楽天市場などで使用してもポイントを貯められますが、楽天Payと合わせて実店舗でも使用すると、さらに楽天ポイントを貯められます。

基本的に楽天ポイントは100円で1ポイント、1ポイント1円換算で利用できます。

【計算例】
楽天カードで次のものを支払った場合

電気代8,000円
水道代10,000円
ガス代7,000円
固定回線ネット代6,000円
スマホ代18,000円(家族分)

毎月固定の出費で49,000円を楽天カードで支払うことになり、ポイントは490ポイント貯まります。これは1年間で

490ポイント × 12カ月 = 5,880ポイント

貯まることになるため、年間5,880円分ほかの支払いに利用できる計算になります。さらに、楽天カードと楽天Payを連携して、対応しているスーパーマーケットとドラッグストア、コンビニで、楽天Payで決済した場合
毎月の食費40,000円
毎月の日用品・化粧品30,000円
毎月のコンビニ出費15,000円
とした場合、毎月85,000円の出費を楽天Pay、楽天カードで支払っていることとなり、楽天ポイントは850ポイント貯まります。これは1年間で

850ポイント × 12カ月 = 10,200ポイント

貯まる計算になります。公共料金の支払いと日頃の買い物で、年間合計16,080ポイント|16,080円分の余裕が生まれることになります。さらに、この16,080ポイントを使って買い物をした場合は、さらにポイントが加算されるため、160ポイント程度は追加で入手できます。

ここにさらにドラッグストアやスーパーマーケットのポイントが加算されていくため、毎年ポイントだけでかなりお得に生活・買い物ができるようになります。楽天ポイントは、そのまま家族カードで使える楽天カードポイントPayなどでも使えるため、18歳以上の子ども、または、配偶者用の家族カードでも年間約16,000円程度は楽天Payのような決済ができることになります。

楽天カードを発行する場合は、楽天Payとスマホ決済も合わせて検討してみて下さい。詳細は楽天カード公式サイトをご確認下さい。

関連記事

キャッシュレス決済で使えるクレジットカードと基礎知識について紹介!

クレジットカード即日発行の店頭受け取りについて解説

エムアイカードの審査・申込・発行までの流れを解説。エムアイカードは即日発行も可能なクレジットカード!

コストコのクレジットカードは即日発行可能?その日のうちに使えるカードを解説!

クレジットカードの中で早く届くカードの発行日数と発行期間を解説!

無職でもクレジットカードの審査は通る?その疑問にわかりやすく解説

ETCカードを審査なしで作る方法を紹介!即日発行できるカードも解説

JCBカードW(JCB CARD W)は学生がお得に利用できるクレジットカード?メリットやデメリットも紹介

このページの先頭へ