TカードPrimeはTポイントがとにかく貯まるクレジットカード

Tカード PrimeはTポイントが貯まる!特徴や評判について解説

クレジット機能付きTカード「Tカード Prime」は、2020年3月30日から発行されているTポイントが貯まりやすいカードです。

通常のショッピングやTポイントの提携店での利用でポイントが貯まりますが、まだ新しいカードのため本当にお得なのか気になる…という声も。

「Tカード Primeってどんなクレジットカードなの?」
「Tカード Primeは本当にポイントが貯まってお得?」
「Tカード Primeの便利な利用方法は?」

この記事ではこのような疑問を持っている方に向けて、Tカード Primeの特徴やポイント還元、実際に使った人の評判について詳しく紹介します。

Tカード Primeってどんなカード?基本情報と特徴を紹介

Tカード Prime

ポイント還元率が高いなどメリットが多くあるTカード Primeとは、どのようなクレジットカードなのでしょうか。

基本情報を確認しましょう。

年会費 初年度無料
次年度以降は年1回以上のカードショッピングで無料
※利用がなければ1,375円(税込)
国際ブランド Mastercard
ポイントの種類と還元率 Tポイント
還元率:1.0%~2.0%
付帯保険 カード盗難時保険
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円
追加可能なカード ETCカード
付帯機能 T-POINT/T-MONEY/Apple Pay/Google Pay
その他サービス TUTAYAのレンタル登録・更新料が無料

Tカード Primeは、クレジット事業を取り扱うジャックスカードと提携して、発行されているクレジットカードです。

基本のポイント還元率は1.0%
通常のクレジットカードの還元率は0.5%のものが多く、ポイント還元率が高くお得なカードだとわかります。

Tカード Primeには、TSUTAYAの入会金と更新料が無料になるメリットも。

TSUTAYAの入会金や更新料は店舗ごとに細かく金額が違っていますが、どちらも300円ほどに設定している店舗が多いです。
Tカード Primeに今すぐ申し込み!

初年度年会費無料!次年度以降も1回以上の利用で無料

Tカード Primeは年会費が1,375円(税込)かかりますが、以下の理由で実質年会費無料だと言えます。

  • 初年度は年会費無料
  • 翌年以降も年1回以上カードショッピングをすれば無料

カードを1度でも使えば年会費は無料のため、毎年年会費を払うのが気になる人でも利用しやすいです。

保険も充実に付帯されていて安心

Tカード Primeは、付帯保険も充実している安心のカードです。保険の内容を確認しましょう。

  • カード盗難時保険
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

カード盗難時の保険では、カードの盗難などに気づいたときに届け出をすれば、届出日の前60日までさかのぼってそれ以降の損害を補償してもらえます。

国内・海外ともに旅行損害保険がついているので、旅行にたびたび行く人にも安心です。

会員限定J’sコンシェルが無料で利用できる

Web明細への登録を条件として、全国170,000件以上で優待サービスが受けられる「J’sコンシェル」が利用できます。

J’sコンシェルにはさまざまなサービスがあるので、とてもお得です。サービスカテゴリ別に、いくつか例を見てみましょう。

サービスカテゴリ 内容
ツアー(国内旅行)3%~8%オフ
ツアー(海外旅)3%~12%オフ
生活 パソコンサポート15%オフ
ギフトの割引
レンタルサービス
ショッピング ネットショップで割引
実店舗で割引
育児 学習塾入塾時にクオカードプレゼント
育児サービスの割引
カー レンタカー割引
板金工賃5%オフ
ハウジング 賃貸の仲介手数料30%オフ
一戸建ての価格が2%オフ

生活のあらゆる場面で役立つサービスが受けられます。

Tカード Primeは申し込みをすると自動的に「WEB明細サービス」に登録されるカードなので、「J’sコンシェル」のサービスがそのまま利用できます。

郵送を希望する場合は「WEB明細サービス」の解除もできますが、解除すると「J’sコンシェル」が利用できなくなるので注意しましょう。

Tカード Primeで家族カードは作れない

Tカード Primeは家族カードが発行できないクレジットカードです。

子供に家族カードを持たせようと考えている人は、他のカードへの申し込みをおすすめします。

Tカード Primeに追加できる付帯カードは、ETCカードのみです。

ETCカードは発行料が無料で年会費もかからないため、よくドライブをする人は申し込み時に同時に発行しておきましょう。

Tカード Primeはポイントが貯まりやすいって本当?

Tカード Primeはポイントの貯まりやすいカードです。どれくらいポイントが貯まるのか、確認しましょう。

基本的のポイント還元率は1%!日曜は1.5%に

Tカード Primeのポイント還元率は、基本的には1.0%~1.5%です。

  • 通常:100円で1ポイント(還元率1.0%)
  • 日曜日限定:200円で3ポイント(還元率1.5%)

日曜日限定でポイントが多く付き、ポイント還元率が上がります。

貯めたポイントは1ポイント1円相当として、以下の場所で利用できます。

  • 提携先の店舗
  • ネット
  • 証券
  • 他のポイントと交換

音楽や書籍関連・コンビニ・エンターテインメントサービス・ホテルや旅行・スーパー・ドラッグストア・家電関連など提携先がとても多いので、便利にポイントが使えます。

Tポイント提携店舗の一部
  • TSUTAYA
  • 蔦屋書店
  • ガスト
  • 吉野家
  • 牛角
  • エディオン
  • ENEOS
  • マルエツ
  • カメラのキタムラ

提携先によってはクレジットカードで支払わなくても、カードを提示するだけで200円につき1ポイントが貯められる場合もあります。

日曜日に利用する際の注意点

カードを利用する店舗によっては、カードを利用した日と明細の日付がずれる場合があります。

明細の日付が日曜日でないと、ポイント還元1.5%の対象にはなりません。

ポイントが少ないと思ったら明細を確認して、ポイント還元アップの対象になっているか確認してみましょう。

ほかのTカードとポイント還元率を比較

Tカード Primeは本当にお得なのか、いくつか例を挙げてほかのTカードとポイント還元率を比較してみます。

カードの種類 ポイント還元率
Tカードプラス
(TUTAYA発行)
通常:200円で1ポイント(還元率0.5%)
TUTAYAでの利用:ポイント3倍(還元率1.5%)
ファミマTカード
(クレジットカード)
通常:200円で1ポイント(還元率0.5%)
ファミリーマートでの利用:200円で4ポイント(還元率2.0%)
Yahoo! JAPANカード 通常:100円で1ポイント(還元率1.0%)
ヤフーショッピング・LOHACOでの利用:ポイント3倍(還元率1.5%)

Tカード Primeは、通常の還元率が0.5%のカードよりもお得ですね。

Yahoo! JAPANカードはポイント還元率がTカード Primeと同じで1.0%です。

異なるのは日曜日の利用で還元率が1.5%になるか、ヤフーショッピングとLOHACOの利用に限って1.5%になるかです。

ヤフーショッピングやLOHACOを頻繁に利用する人でなければ、さまざまな場面で利用できるTカード Primeの方がポイントが貯めやすいですね。

リボ払いだとポイント還元率が2%

Tカード Primeでリボ払いに登録するとポイントが100円につき2ポイント付くので、ポイント還元率が2.0%になります。

Tカード Primeの発行元であるジャックスのリボ払い「Jリボサービス」の手数料は、実質年率15.0%です。

ジャックスカードの場合はリボ払いに以下の2つの方式があり、方式によって手数料の計算方法が異なります。

方式 特徴 手数料の計算方法
残高スライド方式 利用残高によって月々の支払額が変わる
支払額は設定されているコースで異なる
利用残高×手数料の利率=手数料
固定方式 利用残高に関係なく支払額は毎月一定
支払額は設定されているコースで異なる
支払残高×手数料の利率=手数料

たとえば残高スライド方式で5万円の利用残高がある場合、手数料は以下のように計算します。

5万円×15.0%÷12ヶ月=625

1月分の手数料は625円です。

リボ払いの手数料に注意!

Tカード Primeでは通常のポイント還元率が1.0%、リボ払いにするとポイント還元率が2.0%なので、リボ払いにして得になるのは1.0%分のポイントです。

5万円利用したと仮定すると【5万円×1.0%=500】で、余分にもらえるポイントは500ポイントです。

リボ払いの手数料によってはあまり得にならない可能性もあるため、手数料に注意しながらリボ払いを利用するか検討しましょう。

Tポイント提携先でなくてもTポイントが貯まる

Tカード Primeでポイントを貯める際は、Tポイント提携先以外での利用でもポイントが貯まります。

クレジットカードで支払いをすれば、100円で1ポイントポイントが付与されます。

公共料金や携帯代などの支払いでもTポイントが貯められる

公共料金や携帯代などの支払いでもTポイントが貯められるので、ぜひTカード Primeで支払いをしましょう。

公共料金などは支払額が大きいので、効率的にポイントが貯められます。

利用例を見てみましょう。

  • 公共料金が月2万円:200ポイント
  • 携帯代が月1万円:100ポイント
  • プロバイダー料金が月3千円:30ポイント

カード払いにするだけで月に330ポイント、年間では3,960ポイントも貯まります。これは大きな違いですね。

ショッピングも含めたポイントの資産

公共料金などの利用も含めて、どれくらいポイントが貯められるか試算してみましょう。

  • ショッピングが月2万円:200ポイント(300ポイント)
  • 外食が月1万円:100ポイント(150ポイント)

※(  )内はカードの提示でポイントが貯まる店舗を利用した場合

先程の公共料金などと合わせると月に660ポイント、年間では7,920ポイント貯まります。

カードの提示でポイントが付く店舗を利用すると、さらにポイントが150ポイント上乗せされます。

カードの利用先を工夫すれば、より多くのポイントが貯められますね。

すでにTカードを持っている場合の対応方法

Tカードにはさまざまな種類があるため、すでにカードを持っている人も多いのではないでしょうか。

すでにTカードを持っている人でも新たに別のTカードを持てるので、今持っているTカードと合わせてTカード Primeを新たに作れます。

複数のTカードのポイントの合算も可能

Tカードを複数持つと、気になるのはポイントの管理です。

Tカードには複数のカードのポイントをまとめる機能があるので、別々のカードで貯めたポイントをまとめて使えます。

ポイントの移動には、Yahoo! JAPAN IDが必要です。

Q.Tカードを2枚以上持っています。どちらかのカードにポイントをまとめることができますか?
A.ご本人様間の有効なTカードがお客様のお手元にある場合限り、お客様自身でポイントを移行することができます。(引用元:T-CARD│よくあるご質問

Tカードポイントの移動方法には、3つのパターンが考えられます。

  1. Yahoo! JAPAN IDに登録中のTカードを変更する際のポイント移動
  2. Yahoo! JAPAN IDに登録中のTカードに別のTカードからポイント移動
  3. Yahoo! JAPAN IDに登録していないTカードにポイント移動

どのパターンの場合も、手続きを始める前に次の準備をします。

  • ポイント移動をするカードを2枚手元に用意する
  • 情報登録をしていないカードは情報登録をする
  • ポイントをまとめるTカードをYahoo! JAPAN ID に登録
  • ポイントを移動させるTカードに登録している電話番号から発信できるか確認

ポイントの移動には本人確認が必要なので、電話連絡がつかなければポイントが移せません。

準備ができたら以下の流れで手続きをしましょう。

複数のTカードのポイントをまとめる手順
  1. Yahoo! JAPAN IDとパスワードを入力※
  2. 移動元のTカード番号と文字認証を入力
  3. ポイントをまとめるTカード番号と文字認証を入力
  4. 移動元Tカードに登録している電話番号から「Tカード認証ダイヤル」に発信
  5. 音声ガイダンスで終わりの案内が聴こえたら「ポイント移動する」ボタンを押す

手続きが完了した時点で、ポイントは即時移動されます。

貯めたポイントの自動的移行はできないので、ポイントをまとめたいと思ったときにその都度手続きをしましょう。

これならすでにTカードを持っている人でも安心して新しいTカードが作れますね。

クレジット機能のないTカードを持っている人は切り替えられる場合も
Tカード

クレジット機能のついていないTカードを持っている人の場合、カードの切り替えでTカード Primeが持てる可能性もあります。

今持っているクレジット機能付きではないTカードをTカード Primeに切り替える場合、T-CARDサイトから申し込めます。

カードを切り替える方法には、以下の注意点があります。

  • 自動的にカード会社が決まるのでTカード Primeが持てない場合も
  • すでにクレジット機能付きのカードを持っている場合は切り替え不可能

切り替えの場合は今持っているカードによって発行会社が自動的に決定されるので、Tカード Primeではなくアプラスが発行する「Tカード プラス PREMIUM」が選ばれる可能性もあります。

確実にTカード Primeを発行するためには、切り替えではなく新規でカードを発行したほうが、手間がかかりません。

新規入会で最大6000ポイントプレゼントキャンペーンを実施中

2020年12月現在、Tカード Primeでは新規入会でTポイントが最大6,000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

ポイントプレゼントには2つの条件があり、どちらも達成すると6,000ポイントを受け取れます。

Jリボ登録で1000ポイントプレゼント

Tカード Primeに入会後、Jリボ登録をすると特典として1,000ポイントがプレゼントされます。

条件は2021年3月31日までの入会です。プレゼント案内までにJリボを解除すると、プレゼントの対象にはなりません。

ポイントはカード到着後の翌月末日までに付与されます。

新規入会で最大6,000ポイントプレゼント!
Jリボは毎月の支払いへ自動的に『リボ払い』が適用され、支払額が一定になるサービスです。
リボ払いは長い期間利用すると手数料が大きく膨らみやすいため、計画的に利用するようにしましょう。

3ヶ月以内に10万円以上のお買い物で最大5000ポイント!

2つ目はカード利用特典としての最大5,000ポイントプレゼントです。

条件は以下の通り。

  • カード到着から3ヶ月以内にカードを利用
  • カード到着時に同封の応募用紙の記入と投函が必要

カードが届いてから4ヶ月以内に応募用紙を投函しないと、ポイントがもらえません。

もらえるポイントは、カードの利用金額によって以下のように変わります。

3ヶ月間での利用額 もらえるポイント
5万円以上 2,000ポイント
7万円以上 3,000ポイント
10万円以上 5,000ポイント

ポイントは応募翌月または翌々月の15日頃に付与されます。

最大の5,000ポイントを獲得するには、3ヶ月で10万円以上をカードで支払う必要があります。

1ヶ月に33,000円ほどを使えば達成できるため、無理に買い物をしなくても、食費・スマホ代といった生活費をTカード Primeでの支払いに設定するだけで5,000ポイントがもらえます。

Tカード Primeの申し込み方法を解説!

Tカード Primeを申し込みたい方に向けて、申し込み方法を解説します。

まずはTカード Primeの公式サイトを開いて、申し込みフォームを開きましょう。

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. 「今すぐ申し込む」を選択
  3. 同意事項を確認する
  4. 必要事項を入力する
  5. サービス内容の設定をする
  6. 最終確認をしたら手続きが完了
  7. 申込確認メールを受け取る

犯罪を防止する観点から、クレジットカード会社は申し込みを受けたら以下の方法で本人確認を行うよう義務付けられています。

  • 運転免許証など顔写真付きの書類を提出
  • 顔写真付きの書類を持っていない人は「本人限定受取郵便」で本人確認

本人確認が終了しなければ、カードは受け取れません。

Tカード Primeの審査基準と届くまでにかかる時間は?

Tカード Primeを申し込める人に関しては、注意事項として公式サイトに次のように記載されています。

・18歳未満、高校生、海外在住の方はカードをお申し込みいただけません。
・カード発行には所定の審査がございます。(引用元: Tカード Prime │注意事項

利用できるのは高校生を除いた18歳以上で、国内在住の人だとわかります。

所定の審査があると明記されていますが、本人の収入の有無については触れられていません。

Tカード Primeは、結婚している人は配偶者の収入・学生は親の収入など、自分以外の人の収入を元にして作れる可能性もあります。

審査にかかる時間は1~3日ほどですが、Tカード Primeは郵送で受け取るため、到着までに少し時間がかかります。

公式サイトを確認すると、Tカード Primeが届くまでの期間は約2週間であると記載されています。

急ぎでカードを作りたい人は、即日発行できるクレジットカードも検討してみましょう。

Tカード Primeの評判・口コミを紹介!実際に使った人の声は?

Tカード Primeを実際に利用している人は、どのように感じているのでしょうか。評判や口コミを見てみましょう。

Tカード Primeの良い評判・口コミについて

Tカード Primeの良い評判や口コミとしては、以下のような声が聞かれます。

  • 日曜日にポイント還元率が高い
  • ジャックスのJ’sコンシェルがお得
  • 少額の利用でもポイントが貯まる
  • 海外旅行保険があるので良い
  • Tポイントが貯まるのでTポイントを使う人には便利
  • Kyash と合わせて使うとお得
  • 還元率が高い

ポイント還元率が高い・日曜日に特にお得という点にメリットを感じている人が多く見られます。

日曜日はポイント還元率が1.5%とお得に買い物できるのが、Tカード Primeの大きなメリットです。

還元率が高いと言われている『楽天カード』や『オリコカード』でも基本の還元率は1%のため、どの店舗でも1.5%が適用されるTカード Primeに満足している人が多い印象でした。

全国のレジャー施設などで優待を受けられる、ジャックスのサービス「J’sコンシェル」がおすすめだという声も聞かれます。

Tカード Primeの悪い評判・口コミについて

Tカード Primeの悪い評判や口コミには、以下のようなものがあります。

  • 今後ポイント還元が改悪される可能性もあり不安
  • 明細が届くのが遅い
  • Tポイント以外に便利なポイントがあるのではと思う
  • 国際ブランドが選べない

これまでにジャックスカードが発行するクレジットカードカードは改悪されるパターンが多く見られたため、今はよくても後に改悪されるのではと不安視する声もあります。

Tカード PrimeとTカード プラス PREMIUMの違いは?

Tカード プラス PREMIUM

Tポイントをお得に貯められるクレジットカードはTカード Primeだけでなく、Tカード プラス PREMIUMもあります。

どちらもTポイントと提携しているクレジットカードですが、特典や機能に細かな違いがあります。

Tカード Prime
Tカード Prime
Tカード プラス PREMIUM
Tカード プラス PREMIUM
年会費 初年度無料
翌年以降も年1回以上利用で無料
※通常1,250円(税抜)
初年度無料
翌年以降も年1回以上利用で無料
※通常2,500円(税抜)
ポイント還元率 1% 1%
特徴
  • 毎週日曜はポイント還元1.5%
  • リボ払いはポイント還元2%
  • 全国170,000件以上での優待サービス
  • 対象のTポイント加盟店はいつでもポイント還元1.5%
  • アプラスモールでの利用でポイント還元1.5〜15%
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険(最大1,000万円)
  • 海外旅行傷害保険(最大2,000万円)

Tカード プラス PREMIUMはTSUTAYAやエディオンといったTポイント加盟店でのポイント還元率が1.5%となるカードですが、日曜日の還元率アップがありません。

Tカード Primeは日曜日に買い物をすると、どの店舗でもポイント還元率が1.5%になるのがメリット。
より幅広い店舗でポイント還元をアップさせられます。

Tカード Primeには旅行保険が充実している特徴もあり、週末に旅行に出かけるのが好きな人にもおすすめできます。

Tカード PrimeとKyashカードを組み合わせるとポイント2.5%になる!

Kyashカード

Tカード PrimeをKyashカードを、組み合わせて利用するとよりお得になります。ポイントが2.5%になる裏技もあるので、ぜひ活用してポイントをたくさん貯めましょう。

まずはKyashについてご紹介します。

Kyashはデジタルバンキングアプリ
Kyash アイコン

Kyashとはデジタルバンキングアプリの名称で、決済や送金ができます。アプリから申し込みをするとVisaプリペイドカードの発行が可能で、Visa加盟店で利用できます。

Kyashアプリを入れている人の間で送金もできる、便利なアプリです。

KyashのVisaプリペイドカードには以下の3種類があります。

カードの種類 特徴 ポイント還元率
Kyash Card リアルカード
国外・海外のVisa加盟店で利用可能
1.0%
Kyash Card Lite リアルカード
国内のVisa加盟店・海外のオンラインVisa加盟店で利用可能
本人確認不要で申し込める
0.5%
Kyash Card Virtual バーチャルカード
オンライン・QUICPay+で利用可能
メールアドレスと携帯電話番号だけで申し込める
0.5%

このうちポイント還元率が1.0%なのはKyash Cardのみなので、Tカード Primeと組み合わせて2.5%のポイントをもらうならKyash Cardを発行してもらいましょう。

日曜日にTカード PrimeでKyashにチャージするだけでOK

Tカード PrimeとKyashで2.5%のポイントを獲得する方法は、日曜日にTカード PrimeでKyash Cardにチャージするだけです。

Kyashにチャージする方法には、以下の2種類があります。

リンク(自動入金) 決済時に残高が不足している場合に不足分を自動で入金
都度入金(手動入金) 任意の金額を決めてその都度手動で入金

日曜日ならTカード Primeの還元率が1.5%なので、Kyash Cardの還元率1.0%と合わせると還元率が2.5%になります。

一度Kyashにチャージしておけば、どの曜日に買い物してもTカード Primeの1.5%還元が受けられるのです。

日曜日に都度入金で多めの金額を入金しておくと、お得に利用できますね。

Kyashではサービスの提供内容を都度変更しているため、今後の状況によっては、Tカード PrimeをKyashと組み合わせて利用するとポイントが2.5%になる裏技が使えなくなる可能性も

リンクの機能で入金すれば還元率が2.5%になる可能性もありますが、今後のKyashのサービス内容に注目したいところです。

新規入会キャンペーンでポイントプレゼント

関連記事

JCB法人カード

JCB法人カードってどんなカード?審査の流れと発行するメリット、他社との違いを徹底比較

即日発行できるデビットカードを紹介!おすすめカードと発行期間は?

デビットカードを即日発行するには?おすすめカードと発行日数まとめ

イオンカードのETCカードは即日発行できる

イオンカードのETCカードは即日発行できる?発行手順と特徴などを解説

ACマスターカードを即日発行するまでの最短手順

ACマスターカードを即日発行する手順と作るべき人の特徴、メリット・デメリット

審査なしでETCカードを作る方法!即日発行できるカードも紹介

審査なしでETCカードを作る方法!即日発行できるカードも紹介

JCBカードWの特徴と評判は?

JCB CARD W(JCBカードW)の評判と特徴やメリット・デメリットを解説

アメックスカードならセゾンパールがおすすめ!

セゾンパールアメックスを即日発行するには?特徴や特典が良い理由

パルコカードを即日発行する手順

PARCO(パルコ)カードの即日発行、作り方や特典・基本情報をまとめてみた

このページの先頭へ
Tカード Prime新規入会キャンペーン